コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポルトガル社会党 ポルトガルしゃかいとうPartido Socialista Portuguesa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポルトガル社会党
ポルトガルしゃかいとう
Partido Socialista Portuguesa

ポルトガルの政党。 1964年 M.ソアレスらが中心となって結成した社会主義行動党 ASPを 73年改名したもの。 74年4月のポルトガル軍事クーデターまでは非合法政党だったが,クーデター後は民主勢力の中核として6次にわたる軍民臨時内閣に閣僚を送り込んだ。 75年4月の制憲議会選挙では得票率 37.87%,76年の第1回総選挙では同 34.97%でいずれも第1党となり,76年7月ソアレス首相のもとに少数単独政権を発足させた。 77年 11月経済危機と党内対立のためソアレス内閣は総辞職したものの,翌年1月に社会民主党と連合して,第2次ソアレス内閣を樹立した。しかし,79年 12月の総選挙で中道右派連合の民主連合に敗退。 83年再び社会民主党との連立政権を樹立したが,85年6月社会民主党の閣僚引揚げで崩壊し,その後の総選挙で社会民主党に敗北して第2党となった。 86年ソアレス書記長が大統領選挙に当選,91年再選されている。 92年2月,ソアレスに代り A.グテレスを新書記長に選出し,93年 12月の地方選挙では過去最大の議席を獲得したほか,95年 10月の総選挙でも第1党に躍進,グテレス内閣を発足させ,さらに翌 96年の大統領選挙でもリスボン市長をつとめたサンパイオを擁立し勝利に導いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ポルトガル社会党の関連キーワードペドロ・パソス コエーリョジョルジェ サンパイオアントニオ グテレスポルトガル社会民主党ジョゼ ソクラテスマリオ ソアレスカバコ・シルバ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android