コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロアレイ

栄養・生化学辞典の解説

マイクロアレイ

 DNAチップともいう.多種,多数の特定DNA配列をそれぞれチップとよばれる細い棒状の支持体などに結合したもので,このDNAとハイブリット形成するDNAがあると,その結合の量に応じて発色するように工夫されており,特定のDNAを簡便に検出することができるようにした道具.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

マイクロアレイの関連キーワードバイオインフォマティクスバイオチップ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android