マイクロセルリアクター(英語表記)micro cell reactor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「マイクロセルリアクター」の解説

マイクロセルリアクター
micro cell reactor

酵素微生物,動植物細胞など生体触媒を利用して物質を生産するバイオリアクターを発展させた,人工細胞による生産システム。細胞膜に似た人工膜に機能性蛋白質集合体を組み込み,数段階の生化学反応で目的物質をつくる。常温,常圧で特異性の高い反応が進み,化学工業プロセスと比べて消費エネルギーが少なく,効率がよい。エネルギーには光合成反応,反応制御には神経情報伝達(→神経伝達物質)の仕組みを使う。(→バイオテクノロジー

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android