マイクロ

デジタル大辞泉の解説

マイクロ(micro)

《〈ギリシャ〉mikros kosmos(微小世界の意)から》国際単位系(SI)で、単位の上に付けて100万分の1(10-6)を表す語。記号μ「マイクログラム」「マイクロメートル」
外来語の上について、微小な、小さい、の意を表す。「マイクロフィルム」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

マイクロ

100万分の1つまり10(-/)6倍を意味するSI接頭語。記号μ。マイクロアンペア(μA),マイクロファラド(μF)などと表記する。→国際単位系

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マイクロ【micro】

ある量を表すときの単位につける接頭語で,10-6倍の意味。記号にはμを用いる。国際単位系(SI)でSI接頭語の一つとして採用されている。例えば,長さ1×10-6mは1μm(マイクロメートル)と表せる。【大井 みさほ】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

マイクロ【micro】

外来語の上に付いて複合語をつくり、微小な、小さいの意を表す。ミクロ。 「 - フィルム」
単位に冠して、10-6 すなわち100万分の1の意を表す語。ミクロ。記号 μ   「 -アンペア」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイクロ
micro-

単位の 10-6 倍 (100万分の1) を表わすSI接頭語。記号はμ。ギリシア語のミクロス (小さい) に由来する。たとえば 1μm=10-6m である。マイクロメートルの慣用呼称ミクロン (μ) は廃止の方向にある。また慣用の接頭語ミリマイクロ ( mμ ) ,マイクロマイクロ ( μμ ) のような重複接頭語は廃止され,ミリマイクロにはナノ (n) ,マイクロマイクロにはピコ (p) が使用されるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版の解説

マイクロ
マイクロ
micro

単位の接頭語(SI接頭語).記号 μ.100万分の1.すなわち 10-6

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マイクロの関連情報