コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロ

6件 の用語解説(マイクロの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マイクロ

小さな数値を表すための補助単位。10-6を表す。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マイクロ(micro)

《〈ギリシャ〉mikros kosmos(微小世界の意)から》国際単位系(SI)で、単位の上に付けて100万分の1(10-6)を表す語。記号μ「マイクログラム」「マイクロメートル」
外来語の上について、微小な、小さい、の意を表す。「マイクロフィルム」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

マイクロ

100万分の1つまり10(-/)6倍を意味するSI接頭語。記号μ。マイクロアンペア(μA),マイクロファラド(μF)などと表記する。→国際単位系

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マイクロ【micro】

ある量を表すときの単位につける接頭語で,10-6倍の意味。記号にはμを用いる。国際単位系(SI)でSI接頭語の一つとして採用されている。例えば,長さ1×10-6mは1μm(マイクロメートル)と表せる。【大井 みさほ】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

マイクロ【micro】

外来語の上に付いて複合語をつくり、微小な、小さいの意を表す。ミクロ。 「 --フィルム」
単位に冠して、10-6 すなわち100万分の1の意を表す語。ミクロ。記号 μ   「 -アンペア」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイクロ
マイクロ
micro-

単位の 10-6 倍 (100万分の1) を表わすSI接頭語。記号はμ。ギリシア語ミクロス (小さい) に由来する。たとえば 1μm=10-6m である。マイクロメートルの慣用呼称ミクロン (μ) は廃止の方向にある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マイクロの関連情報