コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マイクロ

小さな数値を表すための補助単位。10-6を表す。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マイクロ(micro)

《〈ギリシャ〉mikros kosmos(微小世界の意)から》国際単位系(SI)で、単位の上に付けて100万分の1(10-6)を表す語。記号μ「マイクログラム」「マイクロメートル」
外来語の上について、微小な、小さい、の意を表す。「マイクロフィルム」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

マイクロ

100万分の1つまり10(-/)6倍を意味するSI接頭語。記号μ。マイクロアンペア(μA),マイクロファラド(μF)などと表記する。→国際単位系

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マイクロ【micro】

ある量を表すときの単位につける接頭語で,10-6倍の意味。記号にはμを用いる。国際単位系(SI)でSI接頭語の一つとして採用されている。例えば,長さ1×10-6mは1μm(マイクロメートル)と表せる。【大井 みさほ】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

マイクロ【micro】

外来語の上に付いて複合語をつくり、微小な、小さいの意を表す。ミクロ。 「 --フィルム」
単位に冠して、10-6 すなわち100万分の1の意を表す語。ミクロ。記号 μ   「 -アンペア」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイクロ
micro-

単位の 10-6 倍 (100万分の1) を表わすSI接頭語。記号はμ。ギリシア語のミクロス (小さい) に由来する。たとえば 1μm=10-6m である。マイクロメートルの慣用呼称ミクロン (μ) は廃止の方向にある。また慣用の接頭語ミリマイクロ ( mμ ) ,マイクロマイクロ ( μμ ) のような重複接頭語は廃止され,ミリマイクロにはナノ (n) ,マイクロマイクロにはピコ (p) が使用されるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マイクロの関連キーワードmicro processing unitMicro Four ThirdsME(マイクロエレクトロニクス)顕微鏡下精巣内精子採取術重力マイクロレンズ効果極超短波(マイクロ波)マイクロストリップ線路インプリケーション組織アバランシェダイオードクリスタルマイクロホン空気マイクロメーターマイクロ資料リーダーmicro secマイクロ波誘電加熱マイクロフロッピーマイクロレンジングマイクロプログラムミクロフィラメントマイクロウエーブマイクロウェーブ

マイクロの関連情報