コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイツェン マイツェン Meitzen, Friedrich Ernest August

3件 の用語解説(マイツェンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイツェン
マイツェン
Meitzen, Friedrich Ernest August

[生]1822.12.16. ブレスラウ(現ポーランドウロツワフ)
[没]1910.1.19. ベルリン
ドイツ農制史の研究家,統計学者。ハイデルベルクテュービンゲン大学などで学び,1848年プロシア王国大蔵省に入り,のちヒルシュベルク市長 (1853) ,ドイツ帝国統計局参事官 (72) ,ベルリン大学教授を兼任 (75) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マイツェン【August Meitzen】

1822‐1910
ドイツの統計学者。農業史や集落地理学への貢献が大きい。ブレスラウ(現,ブロツワフ)に生まれ,法律学を学び,1853‐56年ヒルシュベルクの市長として活躍後,プロイセンおよびドイツ統計局長官を経て,72年ベルリン大学統計学教授となる。《プロイセンの土地と農業問題》(1868‐72),《海外へのドイツ人の拡散》(1879),《ドイツ家屋》(1882),および大著《西・東ゲルマンケルトローマフィンスラブ諸民族の集落と農業事情》4巻(1895)を公刊し,ヨーロッパの塊村(集村)をゲルマン,散村をケルト,環村をスラブ族固有の集落形態とみなした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイツェン
まいつぇん
Friedrich Ernst August Meitzen
(1822―1910)

ドイツの農業史家、統計学者。ブレスラウ(ブロツワフ)に生まれる。プロイセンの行政官として農民解放や地租査定の業務に携わったのち、プロイセンおよびドイツ帝国統計局に勤務した。1873年以後はベルリン大学統計学教授を兼ねた。農業史の史料編纂(へんさん)や統計資料の集成に功績があり、主編著『プロイセンの土地と農業事情』8巻(1868~1908)がある。[坂井榮八郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマイツェンの言及

【集落地理学】より

…その後O.シュリューターの北東チューリンゲンの研究(1903)やブランシャールのグルノーブルの都市研究(1911)などによって,大縮尺の地形図,古地籍図,文献などを利用した現地調査に基づく実証研究の基礎が固められた。前者の方法論に具体的な示唆を与えたのが,農業史家マイツェンA.Meitzenのヨーロッパ全土にわたる集落形態の分析(1895)である。またグラートマンR.Gradmannは20世紀初頭から南ドイツをフィールドとして植物群落と居住との諸関係について歴史地理学的考察を進め,1910年代以降の集落研究に大きい影響を与えた。…

【集落】より


[集落形態]
 集落形態は,集落を構成する家屋の形態とその配置,居住パターン,耕地と家屋との関係,土地割,道路網などの要素が,民族の生活様式や,その自然環境に応じた居住様式により,さまざまな集落景観として表出したものであり,地域によりさまざまな特色を示す。 村落の形態について最初に最も詳細に分類したのは,ドイツのA.マイツェンの《西ゲルマン,東ゲルマン,ケルト,ローマ,フン,スラブ諸族の集落と農法》であり,次の五つに分けている。(1)集村Gewanndorf 耕作農民の数に等しく割られた耕牧地から構成される,いくつかの大割Gewannからなるのでこの名称がある。…

【集落地理学】より

…その後O.シュリューターの北東チューリンゲンの研究(1903)やブランシャールのグルノーブルの都市研究(1911)などによって,大縮尺の地形図,古地籍図,文献などを利用した現地調査に基づく実証研究の基礎が固められた。前者の方法論に具体的な示唆を与えたのが,農業史家マイツェンA.Meitzenのヨーロッパ全土にわたる集落形態の分析(1895)である。またグラートマンR.Gradmannは20世紀初頭から南ドイツをフィールドとして植物群落と居住との諸関係について歴史地理学的考察を進め,1910年代以降の集落研究に大きい影響を与えた。…

【土地割り】より

…なお,都市内部の街路や家々の配列からなる土地割りを,とくに町割りと呼ぶ場合がある。 土地割りに関してA.マイツェンが,1895年に地籍図に即して集落と農地の研究を著した。彼は,諸民族の集落と農業事情についての大著において,土地割りと社会制度,集落形態との間に対応関係があることを指摘し,土地割りから,過去の農村について社会的・経済的構造の分析を試みた。…

※「マイツェン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マイツェンの関連キーワードクナップゴセット集落地理学シュリューター都市地理学ドイツ基本法ISI統一ドイツ内藤勝ボルトキエビチ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone