コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マウラ Antonio Maura

世界大百科事典 第2版の解説

マウラ【Antonio Maura】

1853‐1925
スペインの政治家。パルマ・デ・マリョルカ生れ。1881年,国会議員に選出され,92年,自由主義サガスタ首相のもとで植民地大臣となり,キューバ自治権を与える法案を提出したが成立せず辞職。95年,キューバの反乱が起こり,再び自由主義政府の閣僚として植民地の自治拡大を図ったが,政府は短命に終わった。同年5月,国会における彼の〈上からの革命〉と題する演説は,彼の政治理念を表明している。1901年,自由主義陣営を離れ,翌年保守党政府の内務大臣となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マウラ
まうら
Antonio Maura y Montaner
(1853―1925)

スペインの政治家。バレアレス諸島パルマ・デ・マジョルカ出身。マドリード大学法学部卒業後、1881年に国会議員となり、サガスタの自由党に加わって政界入りした。1892年植民地相となり、キューバへの自治権付与を提起したが同意を得られず、その後しだいにサガスタから離れ、1902年には保守党に鞍(くら)替えした。この間、「上からの革命」を標語に内政の抜本的改革を主張。1902年に内相になると、社会改良協会を創設して社会問題の調査にあたらせた。1903年に保守党党首および首相となり、翌1904年にはモロッコにおける権益についてフランスと協定を結んだ。1907年にふたたび首相となったが、1909年7月、モロッコにおける植民地戦争のために予備役招集を企てたことが、バルセロナの労働者の反戦運動を高揚させ、このときの過酷な弾圧(「悲劇の一週間」とよばれる)に起因して政権を辞した。のちに三度短命内閣を組閣したが、プリモ・デ・リベラ独裁には協力せず、同政権下、マドリード近郊で死去した。[深澤安博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マウラの関連キーワードアブドゥル・ラフマーン(1世)ミヤマウラボシ(深山裏星)クイット・インディア運動ターリク・ブン・ジヤードイブヌル・クーティーヤアジア的生産様式ボルベール/帰郷メウレウィー教団アウルトナソンメフレビー教団ミツデウラボシアウトナソンヤークービーワリ・カーンジャーヒズレフカダ島1月23日人間生態学11月2日レフカス島

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マウラの関連情報