コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マウラ Antonio Maura

2件 の用語解説(マウラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マウラ【Antonio Maura】

1853‐1925
スペインの政治家。パルマ・デ・マリョルカ生れ。1881年,国会議員に選出され,92年,自由主義サガスタ首相のもとで植民地大臣となり,キューバに自治権を与える法案を提出したが成立せず辞職。95年,キューバの反乱が起こり,再び自由主義政府の閣僚として植民地の自治拡大を図ったが,政府は短命に終わった。同年5月,国会における彼の〈上からの革命〉と題する演説は,彼の政治理念を表明している。1901年,自由主義陣営を離れ,翌年保守党政府の内務大臣となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マウラ
まうら
Antonio Maura y Montaner
(1853―1925)

スペインの政治家。バレアレス諸島パルマ・デ・マジョルカ出身。マドリード大学法学部卒業後、1881年に国会議員となり、サガスタの自由党に加わって政界入りした。1892年植民地相となり、キューバへの自治権付与を提起したが同意を得られず、その後しだいにサガスタから離れ、1902年には保守党に鞍(くら)替えした。この間、「上からの革命」を標語に内政の抜本的改革を主張。1902年に内相になると、社会改良協会を創設して社会問題の調査にあたらせた。1903年に保守党党首および首相となり、翌1904年にはモロッコにおける権益についてフランスと協定を結んだ。1907年にふたたび首相となったが、1909年7月、モロッコにおける植民地戦争のために予備役招集を企てたことが、バルセロナの労働者の反戦運動を高揚させ、このときの過酷な弾圧(「悲劇の一週間」とよばれる)に起因して政権を辞した。のちに三度短命内閣を組閣したが、プリモ・デ・リベラ独裁には協力せず、同政権下、マドリード近郊で死去した。[深澤安博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マウラの関連キーワード志摩スペイン村組曲「スペイン」12のスペイン舞曲スペイン奇想曲スペイン組曲スペインの歌スペインの財宝船スペインの庭の夜スペイン舞曲集パルケエスパーニャ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マウラの関連情報