マキバドリ(読み)まきばどり(英語表記)meadowlark

翻訳|meadowlark

日本大百科全書(ニッポニカ)「マキバドリ」の解説

マキバドリ
まきばどり
meadowlark

鳥綱スズメ目ムクドリモドキ科マキバドリ属に含まれる鳥の総称。この属Sturnellaの仲間は、北アメリカから南アメリカにかけて分布し、4種が知られている。全長21~28センチメートルの中形の鳥で、背面はまだら、腹面が黄色で、胸に黒い帯がある。(くちばし)は大きめで円錐(えんすい)形に鋭くとがっている。川辺の草地牧草地、草原にみられ、地上性で昆虫を食べるが、これらの採食地は旧世界のムクドリのそれにあたる。繁殖期には強い縄張り性を示し、つがいか一夫多妻で過ごす。草むらの中に屋根のついた巣をつくる。ヒガシマキバドリS. magna、ニシマキバドリS. neglectaが北アメリカで普通にみられる。

[中村登流]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「マキバドリ」の解説

マキバドリ
Sturnella; meadowlarks

スズメ目ムクドリモドキ科マキバドリ属の鳥の総称。7種からなり,全長 19~28cmで差が大きい。雄は背面が黒や灰色で,羽毛の縁が淡い色になり模様をつくっている。胸から腹にかけて,あるいは目先は鮮やかな赤色や黄色で,その範囲は種によって多少の変化がある。雌は地味で,羽色が淡く,背面の模様も薄いが,過眼線と頭央線は淡い色合いではっきりわかる。は先がとがって鋭い。カナダ南東部から南アメリカ南部まで分布している。名前のように草地や農地,牧草地,庭園など開けた環境にすむ。おもに昆虫食で,地上で獲物をとる。繁殖期に雄は低木など小高い場所でさえずるが,飛びながらさえずる種もある(→さえずり)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android