コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マキバドリ マキバドリSturnella; meadowlarks

2件 の用語解説(マキバドリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マキバドリ
Sturnella; meadowlarks

スズメ目ムクドリモドキマキバドリ属の鳥の総称。7種からなり,全長 19~28cmで雌雄差が大きい。雄は背面が黒や灰色で,羽毛の縁が淡い色になり模様をつくっている。胸から腹にかけて,あるいは目先は鮮やかな赤色や黄色で,その範囲は種によって多少の変化がある。雌は地味で,羽色が淡く,背面の模様も薄いが,過眼線と頭央線は淡い色合いではっきりわかる。は先がとがって鋭い。カナダ南東部から南アメリカ南部まで分布している。名前のように草地や農地,牧草地,庭園など開けた環境にすむ。おもに昆虫食で,地上で獲物をとる。繁殖期に雄は柵や低木など小高い場所でさえずるが,飛びながらさえずる種もある(→さえずり)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マキバドリ
まきばどり
meadowlark

鳥綱スズメ目ムクドリモドキ科マキバドリ属に含まれる鳥の総称。この属Sturnellaの仲間は、北アメリカから南アメリカにかけて分布し、4種が知られている。全長21~28センチメートルの中形の鳥で、背面はまだら、腹面が黄色で、胸に黒い帯がある。嘴(くちばし)は大きめで円錐(えんすい)形に鋭くとがっている。川辺の草地、牧草地、草原にみられ、地上性で昆虫を食べるが、これらの採食地は旧世界のムクドリのそれにあたる。繁殖期には強い縄張り性を示し、つがいか一夫多妻で過ごす。草むらの中に屋根のついた巣をつくる。ヒガシマキバドリS. magna、ニシマキバドリS. neglectaが北アメリカで普通にみられる。[中村登流]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マキバドリの関連情報