コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マキバドリ マキバドリ Sturnella; meadowlarks

2件 の用語解説(マキバドリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マキバドリ
マキバドリ
Sturnella; meadowlarks

スズメ目ムクドリモドキマキバドリ属の鳥の総称。7種からなり,全長 19~28cmで雌雄差が大きい。雄は背面が黒や灰色で,羽毛の縁が淡い色になり模様をつくっている。胸から腹にかけて,あるいは目先は鮮やかな赤色や黄色で,その範囲は種によって多少の変化がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マキバドリ
まきばどり
meadowlark

鳥綱スズメ目ムクドリモドキ科マキバドリ属に含まれる鳥の総称。この属Sturnellaの仲間は、北アメリカから南アメリカにかけて分布し、4種が知られている。全長21~28センチメートルの中形の鳥で、背面はまだら、腹面が黄色で、胸に黒い帯がある。嘴(くちばし)は大きめで円錐(えんすい)形に鋭くとがっている。川辺の草地、牧草地、草原にみられ、地上性で昆虫を食べるが、これらの採食地は旧世界のムクドリのそれにあたる。繁殖期には強い縄張り性を示し、つがいか一夫多妻で過ごす。草むらの中に屋根のついた巣をつくる。ヒガシマキバドリS. magna、ニシマキバドリS. neglectaが北アメリカで普通にみられる。[中村登流]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マキバドリの関連キーワード花鳥小椋鳥知目鳥椋鳥擬蟷螂米食鳥ムクドリ(椋鳥)ホオダレムクドリ(頰垂椋鳥)ムクドリモドキ(椋鳥擬)オナガムクドリモドキ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マキバドリの関連情報