コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクスウェルの応力 マクスウェルのおうりょく Maxwell's stress

2件 の用語解説(マクスウェルの応力の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクスウェルの応力
マクスウェルのおうりょく
Maxwell's stress

電場または磁場が存在している空間 (真空中あるいは媒質中) で考えられる電磁気的な応力。この考えは,応力を受けてひずんだ弾性体から得られたもので,M.ファラデーにより始められ,次いで J.C.マクスウェルにより理論的に完成された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

マクスウェルの応力【Maxwell stress】

電磁場のある空間中におかれた電荷密度および電流密度に働く体積力は,その体積を囲む閉曲面にかかる二階テンソルの形で表現した応力と見なすことができる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マクスウェルの応力の関連キーワード音場磁場真空計分極惑星間空間イオンビーム完全真空星間空間オンサガーの相反定理マッハ効果

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone