マクスウェルの応力(読み)マクスウェルのおうりょく(英語表記)Maxwell's stress

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクスウェルの応力
マクスウェルのおうりょく
Maxwell's stress

電場または磁場が存在している空間 (真空中あるいは媒質中) で考えられる電磁気的な応力。この考えは,応力を受けてひずんだ弾性体から得られたもので,M.ファラデーにより始められ,次いで J.C.マクスウェルにより理論的に完成された。弾性体が応力を受けるとひずみのエネルギーがたくわえられるのと同じように,空間に電場が生じるとマクスウェルの応力により空間に電気的なひずみが生じ,エネルギーがたくわえられる。すなわち,誘電率をεとすると,電場の強さが E であるところでは電気力線の方向に εE2/2 の張力,それに垂直な方向に εE2/2 の圧力があるとみなし,この張力,圧力を総称してマクスウェルの応力という。磁場についても同じように考えられ,広く電磁気的ひずみについての現象を説明することができる。この考えは電磁気的作用が順次に空間を介して伝わるという近接作用説のよりどころとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android