コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクトム Maktūm, Rāshid ibn Sa`īd, Sheikh Āl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクトム
Maktūm, Rāshid ibn Sa`īd, Sheikh Āl

[生]1910? ペルシア湾内陸砂漠地帯
[没]1990.10.7. ドバイ
アラブ首長国連邦 UAEの政治家。副大統領(在任 1971~90),首相(在任 1979~90)。近代ドバイ首長国の創設に大きく貢献した。1971年の UAE独立時における政治的指導者。サイード・アル・マクトムの息子として生まれ,現地でアラビア語による教育を受ける。1958年,入江に位置する交易集落を統治する。1966年に石油が発見されると,それによって生じた新たな富を投じて入江を浚渫(しゅんせつ)し,ドバイの石油を船舶輸送するために深水港を建設した。さらに空港の建設や新しい産業の育成,先進医療など公共サービスの拡充に石油による収入を投じた。1968年,イギリスが 1971年末までにペルシア湾から軍隊を撤退させると発表すると,姻戚にあたる近隣のアブダビ首長サイード・ビン・スルタン・アル・ナハイヤンと協力して自治の基礎づくりに取り組み,UAE建国の礎を築いた。UAEの 7首長国は,軍隊を含めて既存の諸権利をそのまま保持しつつ,全構成国によって維持される中央の財源から必要に応じた額の援助を受けるというシステムで統合されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マクトムの関連キーワードムハンマド・ビン・ラシド・アル・マクトムアラブ首長国連邦

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android