コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マグマ・オーシャン マグマ・オーシャンmagma ocean

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マグマ・オーシャン
magma ocean

地球形成の初期の原始地球の時代に,地表を覆っていたとされるマグマの海をいう。原始地球は微惑星が衝突して成長してきたと考えられているが,この衝突によって濃密な大気が形成され,地表温度は上昇し,岩石の融点を超して,地表はどろどろに溶けたマグマの海,いわゆるマグマ・オーシャンで覆われたと考えられている。マグマ・オーシャンの面積が増えると,マグマに溶け込む水蒸気量が増え,その結果,水蒸気大気量が減って,地表温度が下がり,マグマ・オーシャンの面積が減る。すると衝突ガスによって水蒸気大気が増加して,地表温度が上昇し,マグマ・オーシャンの面積が増加する。これを水蒸気大気とマグマ・オーシャンの溶解平衡といい,このようなことを繰り返すうちに原始地球は安定化していったと考えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マグマ・オーシャンの関連キーワードマグマオーシャン核(地球)マントル地殻

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android