コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マジョリカ majolica; maiolica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マジョリカ
majolica; maiolica

陶芸用語。マヨリカともいう。素地に錫白釉をかけ,上絵付けをした南ヨーロッパの軟質陶器。陶器の素地に錫白釉をかける技法は,イスラム陶器に始るが,その技法がスペインに入ってイスパノ・モレスクを生み出した。これがイタリアとスペインを結ぶ地中海上の小島マヨルカ島を通じてイタリアやフランスに輸出されたために,この種の施釉陶器をマジョリカ陶器と呼ぶようになった。また,イタリアでも各地で錫白釉がけの陶器が作られるようになり,それらも一般にマジョリカと俗称されるようになった。スペインでは 14世紀頃から,イタリアでは 14世紀末より発達して今日にいたっている。製作地は,スペインではマラガ,アルメリア,バレンシア地方,中部のタラベラなど,イタリアでは,中部のカステルデュランテ,ウルビノ,カファジョーロ,フィレンツェ,シエナ,グッビオ,オルビエト,デルータ,シチリア島のパレルモやカルタジローネなどがあげられる。絵付けは多彩な顔料で花,鳥,動物,人物の絵付けをしたもの,歴史的事件や神話をモチーフとしたもの,風俗を描いたものなどはなやかで装飾的。なお,白い化粧土をかけてかき落し,文様を残した上に透明釉をかけたものをメッツア・マジョリカといって区別することもある。今日でも南欧各地で盛んに作られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マジョリカ(majolica)

15世紀末から16世紀にかけてイタリアで発達した陶器。錫(すず)を含有する白色不透明の釉(うわぐすり)を施し、色釉(いろぐすり)で絵付けしたもの。もとになる陶器がスペインからマジョルカ島を経てイタリアに輸入されたところからの名。マヨリカ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

マジョリカ

イタリアの地方的な名称で,白色緻密な石灰岩[Cotta : 1866].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

マジョリカ【majolica】

〔マジョルカ島の商人がもたらしたスペイン陶器をまねて作り始めたところから〕
イタリア産の軟陶。一五世紀以降ファエンツァなどで作られた。草花・風景・人物などを多色で描く。マヨルカ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のマジョリカの言及

【マヨリカ】より

…その名称は中世末期にスペインからイタリアへラスター彩イスパノ・モレスク陶器を輸入する際,それらがマリョルカ島の商人を通じて送られてきたので,それらをイタリア語なまりでマヨリカ陶器と呼んだことに由来する。マジョリカはその英語読みである。したがって当初マヨリカは金属的な輝きのラスター彩陶器のみを指していたが,後にはスズ釉の多彩色絵陶器をすべてこのように呼んだ。…

※「マジョリカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マジョリカの関連キーワードホードメゼバーシャルヘイ灰釉(はいぐすり)サンタキアーラ聖堂ビエトリスルマーレバレアレス諸島ピッコルパッソデルフト陶器ファエンツァナスル朝美術ファイアンスメディチ磁器彩釉タイルデルータ窯ペリパリオワーグナーアナカプリコッチ窯マヨルカワグナー陶芸三書

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マジョリカの関連情報