コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マジョリカ マジョリカmajolica; maiolica

4件 の用語解説(マジョリカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マジョリカ
マジョリカ
majolica; maiolica

陶芸用語。マヨリカともいう。素地に錫白釉をかけ,上絵付けをした南ヨーロッパの軟質陶器。陶器の素地に錫白釉をかける技法は,イスラム陶器に始るが,その技法がスペインに入ってイスパノ・モレスクを生み出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マジョリカ(majolica)

15世紀末から16世紀にかけてイタリアで発達した陶器。錫(すず)を含有する白色不透明の釉(うわぐすり)を施し、色釉(いろぐすり)で絵付けしたもの。もとになる陶器がスペインからマジョルカ島を経てイタリアに輸入されたところからの名。マヨリカ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

マジョリカ

イタリアの地方的な名称で,白色緻密な石灰岩[Cotta : 1866].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

マジョリカ【majolica】

〔マジョルカ島の商人がもたらしたスペイン陶器をまねて作り始めたところから〕
イタリア産の軟陶。一五世紀以降ファエンツァなどで作られた。草花・風景・人物などを多色で描く。マヨルカ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のマジョリカの言及

【マヨリカ】より

…その名称は中世末期にスペインからイタリアへラスター彩イスパノ・モレスク陶器を輸入する際,それらがマリョルカ島の商人を通じて送られてきたので,それらをイタリア語なまりでマヨリカ陶器と呼んだことに由来する。マジョリカはその英語読みである。したがって当初マヨリカは金属的な輝きのラスター彩陶器のみを指していたが,後にはスズ釉の多彩色絵陶器をすべてこのように呼んだ。…

※「マジョリカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マジョリカの関連情報