コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マタモロス マタモロスMatamoros

4件 の用語解説(マタモロスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マタモロス
マタモロス
Matamoros

メキシコ北東部,タマウリパス州北東部の都市。アメリカ合衆国との国境をなしながらメキシコ湾に注ぐリオグランデ (ブラボデルノルテ川) の河口から約 50km上流の南岸に位置し,同川をはさんでテキサス州ブラウンズビル相対する

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マタモロス

メキシコ北東部,タマウリパス州,米国との国境の都市。リオ・グランデリオ・ブラボー)川の南岸にあり,米国のブラウンズビルと国際橋で結ばれている。綿花栽培地域の商業都市で,皮革,紡績,醸造などの工業のほか,マキラドーラも進出している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マタモロス【Matamoros】

メキシコ北東部,タマウリパス州の国境都市。リオ・グランデ川をはさんで北岸はアメリカ合衆国テキサス州のブラウンズビル。人口26万6055(1990)。周辺の肥沃な灌漑農地は代表的な綿花栽培地域で,その中核都市としての商業機能が発達。アメリカから週末を利用した観光客が多く訪れ,観光関連産業も重要。リオ・グランデ川は約50km東へ流れて大西洋に注ぐ。対岸のブラウンズビルとの間は国際橋で結ばれている。【栗原 尚子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マタモロス
またもろす
Matamoros

メキシコ東部、タマウリパス州北東部の河港都市。人口37万6279(2000)。メキシコ市の北北東1006キロメートルに位置し、リオ・グランデ川を挟んで、対岸はアメリカのテキサス州ブラウンズビルである。周辺は灌漑(かんがい)農業が発達し、その中心をなす商業都市でテキサスとの取引が多い。なお、同国南部プエブラ州西部のマタモロスは、イスカル・デ・マタモロスの略称で、サトウキビ地帯の中心地である。[高木秀樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マタモロスの関連情報