コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マチューカ Machuca, Pedro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マチューカ
Machuca, Pedro

[生]?
[没]1550
スペインの建築家,画家。 16世紀イタリア美術の成果を最初にスペインに取入れた主要作家。フィレンツェで学んだのち,1520年頃にスペインに帰りグラナダに定住。同年ハエン大聖堂祭壇背面装飾の彩色に従事。 21~49年多くの祭壇画を制作する一方,27年頃アルハンブラ宮殿内にカルロス1世宮 (カルル5世宮) を設計し,31年建設に着手したが,未完に終った。絵画ではコレッジオの影響を受け『キリストの降架』 (1520以後,プラド美術館) を描いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マチューカの関連キーワードカルル5世宮殿フィレンツェスペイングラナダ

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android