マチューカ(英語表記)Machuca, Pedro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マチューカ
Machuca, Pedro

[生]?
[没]1550
スペインの建築家,画家。 16世紀イタリア美術の成果を最初にスペインに取入れた主要作家。フィレンツェで学んだのち,1520年頃にスペインに帰りグラナダに定住。同年ハエン大聖堂祭壇背面装飾の彩色に従事。 21~49年多くの祭壇画を制作する一方,27年頃アルハンブラ宮殿内にカルロス1世宮 (カルル5世宮) を設計し,31年建設に着手したが,未完に終った。絵画ではコレッジオの影響を受け『キリストの降架』 (1520以後,プラド美術館) を描いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android