コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッコーリー島 マッコーリートウ

2件 の用語解説(マッコーリー島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マッコーリー‐とう〔‐タウ〕【マッコーリー島】

Macquarie》南西太平洋に浮かぶオーストラリア領の無人島タスマニア州に属する。タスマニア島の南東約1500キロメートル南極大陸の北約1300キロメートルに位置し、オーストラリアプレート太平洋プレートの境界であるマッコーリー海嶺の頂上部にあたる。世界最大のミナミゾウアザラシの繁殖地であり、固有種のロイヤルペンギンをはじめとする数百万羽ものペンギンが生息。一般観光客による島への上陸は制限されている。1997年、世界遺産自然遺産)に登録された。マックォーリー島。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

マッコーリーとう【マッコーリー島】

1997年に登録されたオーストラリアの世界遺産(自然遺産)で、タスマニア島の南東1500kmにある火山性の岩島。南北34km、東西最大5km。1810年にオーストラリア人のフレデリック・ハッセルボロウが発見した。この島は、インド=オーストラリア・プレートと太平洋プレートの衝突で隆起して誕生した。地球上で唯一、マントルから玄武岩が海面上に突き出ているなど、世界中の地質学者の関心を集めている。また、ゾウアザラシやペンギン、セイウチなどが生息し、10~11月頃にはキングペンギンとロイヤルペンギンの大きなコロニー見られる。これらの地質学上、生態学上重要な点が評価されて、世界遺産に登録された。◇英名はMacquarie Island

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マッコーリー島の関連キーワードオーストラリア区オーストラリア亜区オーストラリアンバロット西オーストラリア南オーストラリアオーストラリア首都特別地域オーストラリア室内管弦楽団オーストラリアのゴンドワナ雨林シドニー-オペラハウス西オーストラリアのシャーク湾

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone