コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マデイラ川 マデイラがわ Rio Madeira

2件 の用語解説(マデイラ川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マデイラ川
マデイラがわ
Rio Madeira

ブラジル北西部を流れる川。アマゾン川の右岸支流。ボリビアアンデス山脈に源を発し同国内を北流するベニ川とマモレ川が,ビヤベヤ付近のボリビア=ブラジル国境で合流してマデイラ川となり,国境に沿って約 100km北流したのち,ブラジルのロンドニア州,次いでアマゾナス州をほぼ北東に流れ,マナウスの東約 150kmの地点でアマゾン川に合流する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マデイラ川
までいらがわ
Rio Madeira

南アメリカ中部、アマゾン川中流部南岸の支流。アンデス山脈に発するマドレ・デ・ディオス川、ベニ川、マモレ川などが合流してマデイラ川となる。最長のマモレ川源流からアマゾン川との合流点までの長さは約3500キロメートル流域面積は136万平方キロメートルあり、アマゾン川の支流のなかで最大。流域はブラジル、ペルー、ボリビアの三国に広がる。アマゾン川との合流点より約1200キロメートル上流にブラジルのロンドニア州の州都ポルト・ベーリョがある。ここより上流約350キロメートルの区間、硬い古期岩類の地帯を横切って流れるため、滝や早瀬が多く河川航路が中断される。上流のマモレ川の航路と結ぶ目的で、延長366キロメートルのマデイラ・マモレ鉄道が1912年開通したが、現在では道路交通に代替されている。ポルト・ベーリョ周辺では、近年、牧場などの開発が急速に進行中であるが、これより下流の熱帯雨林地域は、天然ゴムやパラ栗(ぐり)の採取、焼畑を主とする低開発の人口希薄地帯である。[松本栄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マデイラ川の関連キーワードアマゾン川ボアビスタマカパアマゾナスアマパパラーロンドニアネグロ[川]アマゾナス[州]リオ・ブランコ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone