コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マニフェスト・デスティニー マニフェスト・デスティニー Manifest Destiny

翻訳|Manifest Destiny

3件 の用語解説(マニフェスト・デスティニーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マニフェスト・デスティニー
マニフェスト・デスティニー
Manifest Destiny

「明白な (必然の) 運命」あるいは「膨張の天命」と訳され,アメリカの「領土拡大は神の意志」であるという考え方を示す言葉。 1845年 J.オサリバンが『ザ・ユナイテッド・ステーツ・マガジン・アンド・デモクラティック・レビュー』誌に載せた一文のなかに初めて使った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マニフェスト・デスティニー

明白な運命(天命)〉〈膨張の宿命〉などと訳される。北米大陸に膨張しそこに新しい社会を作っていくことが神から与えられた米国人の使命であるという思想。1845年ジャーナリストのJ.オサリバンが唱道。
→関連項目ペリー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マニフェスト・デスティニー
まにふぇすとですてぃにー
Manifest Destiny

1840年代にアメリカ合衆国の西方への領土拡張を正当化するために使用されたスローガン。「明白な運命(天命)」と訳される。当時アメリカの西境はロッキー山脈に達していたが、その領土を太平洋岸にまで拡大することは、神が予定した「明白な運命」である、というのがその主張であった。1845年、ジャーナリストのジョン・L・オサリバンが『デモクラティック・レビュー』誌7.8月合併号掲載の、テキサス共和国のアメリカ併合を支持する論文「併合」において使ったのが最初である。同年12月27日、ニューヨークモーニング・ニューズ』紙がオレゴン獲得を論じた社説でふたたび用いてから流行語となり、領土拡張主義にたつ政治家たちが愛用した。その後、一般的にアメリカの膨張主義帝国主義を示す代名詞としても使用されるようになった。[平野 孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マニフェスト・デスティニーの関連キーワード運命劇自然の数自然必然性必然的マニフェストデスティニー明白明明白白嫌疑無し明白な運命

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マニフェスト・デスティニーの関連情報