コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膨張主義(読み)ぼうちょうしゅぎ(英語表記)expansionism

翻訳|expansionism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

膨張主義
ぼうちょうしゅぎ
expansionism

国家の領土的拡張を志向する運動ないし政策。膨張主義の政策は,おおむね国内では国家主義を強調し,国民の生活を犠牲にして対外強硬策をとり,国民を戦争,征服へと駆りたてる。そこでは力だけが強調され,ついには次々と領土的拡張におもむき,膨張それ自体が目的と化し,とどまるところを知らない非理性的な膨張傾向を帯びる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうちょうしゅぎ【膨張主義 expansionism】

一般的には国家の領土的拡張を志向する運動ないし政策を指す。国内的には国家主義が強調される。すなわち,イデオロギー的には外国排斥の自国中心主義の立場にたち,政策レベルでは政治的,経済的に軍事優先の思考が浸透している状態である。また対外的には戦争,征服,支配といった軍事的強硬策がとられ,力の政策が一貫して追求される。この結果,しばしば領土的膨張自体が目的化することになる。ナポレオン帝国の膨張主義,ラインラント進駐オーストリア併合からポーランド支配をへて西欧にまで拡大したナチス・ドイツの世界支配の衝動,満州事変から日中戦争をへて東南アジア侵略に進んだ大日本帝国軍国主義などは,ここでいう膨張主義の典型例である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の膨張主義の言及

【アジア主義】より

…明治には当初から〈興亜〉といった主張があり,この立場をみずから〈亜細亜旨義〉と称した例(雑誌《亜細亜》1892年2月)がないわけではないが,アジア主義ないし類似の言葉が流通していた形跡はない。
[アジア主義と膨張主義]
 アジア主義は圧倒的に優勢な欧米列強がアジアに侵出してくる状況のもとで,発生・展開する。開国前後のそれは漠然たる動向にすぎなかったが,弱小の日本の独立を防衛するために,中国や朝鮮と文字どおりの意味で連帯しようとしたものとみてよかろう。…

※「膨張主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

膨張主義の関連情報