コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マネッチア

百科事典マイペディアの解説

マネッチア

南米の暖地に原産するアカネ科の一属で,50種ほどあるが,数種が温室で栽培される。よく見られるマネッチア・インフラタ(和名アラゲカエンソウ)は,つる性の多年草で,卵状披針形の葉を対生

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マネッチア【Manettia glabra Cham.et Schlecht.】

アカネ科の常緑半つる性の草本状の低木。赤い花は長卵状漏斗形をなし,先端は浅く4裂し,美しい。別名のカエンソウ(火焰草)は花が赤いことによる。原産地南アメリカは多く出て,枝や葉に毛がない。葉は心臓状卵形で先はとがり,鋸歯はない。対生する葉は平滑で光沢があり,葉柄は短い。花は葉腋(ようえき)に1個ずつ咲き,房状をなさない。花の筒状部は先端部に向かって少し膨らむ棍棒状をなし,長さ3~4cm,内面に毛がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android