マハッラ・エル・クブラ(読み)まはっらえるくぶら(英語表記)Mahalla el Kubra

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マハッラ・エル・クブラ
まはっらえるくぶら
Mahalla el Kubra

エジプトのナイル川デルタ中央部にある都市。カイロの北100キロメートルに位置する。人口39万4924(1996)。エジプト綿栽培地帯の中心にあり、綿花をはじめ農産物を集散する。綿紡績、綿織物、衣服縫製など同国の繊維工業の中心地でもあり、カイロと道路で結ばれる。

[藤井宏志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

マハッラ・エル・クブラ

エジプト北東部,ナイル・デルタ上の都市カイロの北約110kmにあり,農業地帯の中心地。綿紡績・織布工業が盛ん。44万3000人(2006)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android