コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マハッラ・エル・クブラ マハッラエルクブラ

百科事典マイペディアの解説

マハッラ・エル・クブラ

エジプト北東部,ナイル・デルタ上の都市。カイロの北約110kmにあり,農業地帯の中心地綿紡績・織布工業が盛ん。44万3000人(2006)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マハッラ・エル・クブラ
まはっらえるくぶら
Mahalla el Kubra

エジプトのナイル川デルタ中央部にある都市。カイロの北100キロメートルに位置する。人口39万4924(1996)。エジプト綿栽培地帯の中心にあり、綿花をはじめ農産物を集散する。綿紡績、綿織物、衣服縫製など同国の繊維工業の中心地でもあり、カイロと道路で結ばれる。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android