マメタニシ(英語表記)Parafossarulus manchouricus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マメタニシ
Parafossarulus manchouricus

軟体動物門腹足綱マメタニシ科。淡水産。殻高 1.3cm,殻径 0.7cm。殻は淡黄色,卵形で,比較的薄い。螺層は5階。殻表には螺肋をめぐらす。殻口は卵形で,成貝では厚くなる。ふたは石灰質で,外側は同心円状に筋があるが,中央部は多少巻いている。本州から九州,朝鮮半島,中国に広く分布し,湖沼の沿岸やゆるやかな流れの川や溝にすむ。春から夏にかけて寒天質の細長い卵塊 (30~60個の卵が2列に入っている) を産む。孵化後3ヵ月で成貝になるが,成貝は肝吸虫の第1中間宿主となる。なお,第2中間宿主はモロコ類やタナゴ類などの魚類である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

マメタニシ

マメタニシ科の淡水産巻貝。タニシを小型にしたような形だが,タニシの仲間ではない。高さ1.3cm,幅7mm,卵形で,淡黄〜黄褐色。殻表の螺肋(らろく)の強さはさまざま。蓋は卵形で平たく石灰質。本州〜九州およびアジア大陸に広く分布し,水底の礫(れき)や藻類の上にすむ。ヒトやイヌなどに寄生する肝吸虫の第1中間宿主として知られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マメタニシ
まめたにし / 豆田螺
[学]Parafossarulus manchuricus

軟体動物門腹足綱マメタニシ科の巻き貝。淡水産種で、本州、九州、および朝鮮半島、中国北部に広く分布し、湖沼の沿岸や流れの緩やかな河川にすむ。殻高13ミリ、殻径7ミリに達し、殻は比較的薄くて卵形。殻表は淡黄色から黄褐色で太い螺肋(らろく)を巡らす。螺層は五階。殻口は卵形で、蓋(ふた)は石灰質。産卵期は春から夏で、透明な寒天質の膜で覆われた細長くて扁平(へんぺい)な卵塊を他物に付着させる。中に30~60個の卵が二列に並んでおり、孵化(ふか)後数か月で成貝となる。成貝は肝吸虫の第一中間宿主となる。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android