マヤーノ(英語表記)Majano(Maiano), Benedetto da

  • 1442―1497
  • Benedetto da Majano (Maiano)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1442
[没]1497.5.27.
イタリア,フィレンツェ派の彫刻家,建築家。マイアーノともいう。建築家の兄ジュリアーノ Giuliano (1432~90) とともに活躍した。初め A.ロッセリーノの影響から出発し,次第にドナテロの作風に近づいたが,1470年以後は折衷主義に陥った。 72~75年,兄とともにファエンツァとサンジミニャーノで共働し,兄の指揮造営になるファエンツァ大聖堂で『サンソビーノ記念碑』を制作。サンジミニャーノではサンタゴスティーノ聖堂の『聖バルトルドゥスの大理石祭壇』などを手がけ,75年にはフィレンツェのパラッツォ・ベッキオ「会見の間」の洗礼者ヨハネ像のある扉や,サンタ・クローチェ聖堂の説教壇を制作。ほかに肖像彫刻も知られている。建築家としても,アレッツォのサンタ・マリア・デレ・グラツィエ聖堂の正面吹抜廊や,クロナカと共作のフィレンツェパラッツォ・ストロッツィなどのすぐれた業績を残した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イタリアの建築家、彫刻家。フィレンツェに生まれ、同地で。建築家としての出発は兄ジュリアーノGiuliano da M.(1432―90)が各地で設計した礼拝堂内の装飾祭壇の構築であったが、ファエンツァ大聖堂のサン・サビーノ祭壇(1472)やサン・ジミニャーノのコッレジアータにあるサンタ・フィーナ祭壇(1475)がその最初期の事例である。彫刻作品ではフィレンツェのサンタ・クローチェ聖堂に制作した説教壇の浮彫り(1472~75ころ)が傑出しており、とくにその絵画的表現効果が注目をひく。またフィレンツェのサンタ・マリア・ノベッラ聖堂にフィリッポ・ストロッツィの墓碑(1491)を建立した。そのほか1489年に起工されたフィレンツェの代表的都市建築パラッツォ・ストロッツィの造営にも参画している。[濱谷勝也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android