コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マライタ島 マライタとう Malaita Island

2件 の用語解説(マライタ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マライタ島
マライタとう
Malaita Island

南西太平洋ソロモン諸島東部の島。森林に覆われた高温多雨の火山島。北西から南東に細長く,全長約 185kmに対し,幅は最も大きいところで 35kmである。最高点はアイル山 (コロウラト山) の 1438m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マライタ島
まらいたとう
Malaita

南太平洋西部、メラネシアソロモン諸島にある火山島。立憲君主国「ソロモン諸島」領。北西から南東へ長さ165キロメートルに及び、幅37キロメートル、面積3840平方キロメートル。周辺の島をあわせたマライタ県の人口は12万2200(2003推計)。1000メートル級の山脈が走り、最高峰はコロブラットKolovrat山(1303メートル)。島の現地名はマラだが、ヨーロッパ人はこれを最初マランタMalantaとよんだという。コプラ、米、ココアを産する。西岸のアウキAukiに行政中心地が置かれ、ここで1927年にイギリス行政官が虐殺される事件があった。[大島襄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マライタ島の関連キーワードガダルカナル島サンタクルーズ諸島ソロモン諸島パラオ諸島ニュージョージアブーゲンビル[島]マライタ[島]サン・クリストバル[島]ティコピア[島]ニュージョージア[島]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone