コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マランバ Maramba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マランバ
Maramba

旧称リビングストン Livingstone。ザンビア南端の都市。サザン州の州都。ルサカ南西約 380km,ジンバブエ国境近くのザンベジ川北岸に位置。標高約 1000mの高地にあり比較的しのぎやすい。 1905年に建設され,D.リビングストンにちなんで命名されたのが旧称。 07年から 35年まで北ローデシアの首都。タバコ,トウモロコシ,小麦,ジャガイモ,酪製品,木材などの集散が盛ん。製材,自動車組立て,木製品加工,たばこ,皮革などの工場も立地。郊外にあるビクトリア瀑布やカリバ湖 (ダム) への観光基地。リビングストン博物館にはリビングストンの探検資料が展示されている。人口8万 2218 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マランバ(Maramba)

ザンビア南部の都市。旧称リビングストン。ザンベジ川北岸、ジンバブエとの国境に位置し、南西郊にビクトリア滝がある。交通の要地であり、商工業が盛ん。1905年から1935年まで英国領北ローデシアの首都が置かれた。旧称は英国のリビングストンに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

マランバ

リビングストン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マランバ
まらんば
Maramba

アフリカ南部、ザンビア南部の都市。旧称リビングストンLivingstone。ジンバブエとの国境をなすザンベジ川北岸に位置し、南西郊外にビクトリア滝がある。人口10万8100(2002推計)。鉄道、道路、航空路の要衝で商業の中心地であるほか、カリバ水力発電所の豊富な電力を使い、繊維、ラジオ組立てなどの製造業も行われる。1904年ビクトリア滝のすぐ下流に鉄道橋が開通し、翌年町が創設された。旧称は探検家リビングストンにちなむ。35年までイギリス領北ローデシア(現ザンビア)の首都が置かれた。ビクトリア滝や付近の動物保護区のほか、探検家の遺品やアフリカ人の芸術品を展示するリビングストン博物館など観光資源に富む。[林 晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マランバの関連キーワードリビングストン(ザンビア)

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android