マランビジー川(読み)まらんびじーがわ(英語表記)Murrumbidgee

日本大百科全書(ニッポニカ)「マランビジー川」の解説

マランビジー川
まらんびじーがわ
Murrumbidgee

オーストラリア南東部、ニュー・サウス・ウェールズ州の川。スノーウィー山地に発し、西流してマリー川に合流する。長さ1579キロメートル。上流の貯水池建設による中・下流のマランビジー灌漑(かんがい)地区(面積18万ヘクタール)は、同国の代表的な灌漑地帯で、米、小麦、果樹などが栽培される。1820年発見、1829年イギリス人探検家スタートCharles Sturt(1795―1869)が調査。名称は、大きな水を意味する原住民語に由来。

[谷内 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「マランビジー川」の解説

マランビジー川
マランビジーがわ
Murrumbidgee River

オーストラリア,ニューサウスウェールズ州南部の大河マレー川のおもな支流の一つで,スノーウィー山地に発し,クーマ,キャンベラウォガウォガナランデラヘイを経て,ラクラン川を合せたのちにマレー川に合流する。長さ 2175km。上流のバリンジャック貯水池により,中流リートングリフィスを中心とするマランビジー灌漑地区が開発されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android