コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリーン朝 マリーンちょうMarīn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリーン朝
マリーンちょう
Marīn

北アフリカ,モロッコのイスラム王朝 (1196~1472) 。遊牧ベルベル人のゼナータ族がアトラス山中に建てた王朝で,13世紀後半にはムワッヒド朝支配下のモロッコ諸地方に進出し,1269年にその首都マラケシュを落してムワッヒド朝を滅ぼし,フェスに首都をおいた。同朝の歴代スルタンは,スペインのキリスト教勢力との対決に力を注ぎ,しばしばスペインに侵攻したが,1340年のリオ・サラドの敗戦以後は守勢に立たされた。 1415年ポルトガルがセウタを占領すると,再びキリスト教勢力との戦いが激しくなり,その指導権を得た傍流のワッタース家が 72年スルタンを称するに及び,同朝は滅んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マリーンちょう【マリーン朝 Marīn】

モロッコのフェスを都としたベルベル系遊牧民ザナータZanāta族の一派,マリーン族の王朝。1196‐1465年。ムワッヒド朝には服従せず,建国後まもなく1213年ころサハラからモロッコ北部に進出,69年マラケシュを占領してムワッヒド朝を滅ぼした。ムラービト朝やムワッヒド朝のような宗教運動を土台にした建国ではないが,スペインのカスティリャ王国への聖戦(ジハード)やイスラム政権であるナスル朝支援,モスクやマドラサの建設など宗教的意識は強い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマリーン朝の言及

【マグリブ】より

…すなわち当時の歴史家バイザクal‐Baydhaqによれば,ムワッヒド朝のカリフ,アブド・アルムーミンは,12世紀中ごろにイベリア半島遠征のため,イフリーキーヤから1万4000人のアラブをモロッコ北部に来住させたという。これを端緒に,次のマリーン朝,ワッタース朝でもアラブ人傭兵は増加していった。同じころ,アラブのマーキルMa‘qil族はサハラの北縁に沿って移動,モロッコ南部一帯(シジルマーサからスース,ドゥルア地方)に広く住みついた。…

※「マリーン朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マリーン朝の関連キーワードフェズエルジェディドアッタリーンマドラサブーイナニアマドラサ総合年表(アフリカ)イブン・バットゥータムーレイイドリス廟マリーン朝美術モロッコ(国)ワッタース朝トレムセンテトゥアンハフス朝マグレブタルダンムリサ門フェズシェラウジダサレ

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android