コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリーン朝 マリーンちょう Marīn

2件 の用語解説(マリーン朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリーン朝
マリーンちょう
Marīn

北アフリカ,モロッコイスラム王朝 (1196~1472) 。遊牧ベルベル人ゼナータ族アトラス山中に建てた王朝で,13世紀後半にはムワッヒド朝支配下のモロッコ諸地方に進出し,1269年にその首都マラケシュを落してムワッヒド朝を滅ぼし,フェスに首都をおいた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マリーンちょう【マリーン朝 Marīn】

モロッコのフェスを都としたベルベル遊牧民ザナータZanāta族の一派,マリーン族の王朝。1196‐1465年。ムワッヒド朝には服従せず,建国後まもなく1213年ころサハラからモロッコ北部に進出,69年マラケシュを占領してムワッヒド朝を滅ぼした。ムラービト朝やムワッヒド朝のような宗教運動を土台にした建国ではないが,スペインカスティリャ王国への聖戦(ジハード)やイスラム政権であるナスル朝支援,モスクマドラサの建設など宗教的意識は強い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のマリーン朝の言及

【マグリブ】より

…すなわち当時の歴史家バイザクal‐Baydhaqによれば,ムワッヒド朝のカリフ,アブド・アルムーミンは,12世紀中ごろにイベリア半島遠征のため,イフリーキーヤから1万4000人のアラブをモロッコ北部に来住させたという。これを端緒に,次のマリーン朝,ワッタース朝でもアラブ人傭兵は増加していった。同じころ,アラブのマーキルMa‘qil族はサハラの北縁に沿って移動,モロッコ南部一帯(シジルマーサからスース,ドゥルア地方)に広く住みついた。…

※「マリーン朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マリーン朝の関連キーワードイドリース朝ベルベル語モロッコモロッコ革モロッカンロックフェスティバルシャンタベルローマ・ベルカント・フェスティバルチェストベルトフェス条約

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone