コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルガリータ島 マルガリータトウ

2件 の用語解説(マルガリータ島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マルガリータ‐とう〔‐タウ〕【マルガリータ島】

Isla de Margaritaベネズエラ北部、カリブ海にある島。同国有数の観光・保養地として知られる。中心地はポルラマール。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルガリータ島
まるがりーたとう
Isla de Margarita

南アメリカ北部の島。ベネズエラ北部のアラヤ半島沖20キロメートルのカリブ海に位置する。面積1072平方キロメートル。おもに中生代変成岩類からなる東西二つの山塊が低地で結ばれた地形をなす。年平均気温27℃、年降水量600ミリメートル前後の熱帯半乾燥気候下にある。1498年、コロンブスが第3回目の航海の際ここに立ち寄った。隣接するクバグア島、コチェ島などの小島とともにベネズエラのヌエバ・エスパルタ州を構成する。人口の大半は、州都ラ・アスンシオンや同島最大の都市ポルラメルがある島の東半に集中している。伝統的な産業としては真珠の採集があり、そのほか漁業、水産加工、民芸品、雑貨などの生産が行われているが、近年海浜保養地として脚光を浴びてきた。自由貿易地帯になっていることもあって、安価な外国製品のショッピングと保養のために多くの人々が島を訪れる。[松本栄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルガリータ島の関連キーワードパスクア島フエゴ島ウティラ島ウロス島FILグアナハ島ココス島バリャドリッド大聖堂ロアタン島DE

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone