コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルグリット・ド・ナバール マルグリットドナバール

百科事典マイペディアの解説

マルグリット・ド・ナバール

フランスの女性作家。ナバール公妃。アンリ4世の祖母。人文主義者,福音主義者を庇護(ひご),自らもプラトンの思想とキリスト教神秘主義とを調和させた抒情詩,劇作,《デカメロン》をまねた物語集《エプタメロン》(1559年)を書く。
→関連項目ルフェーブル・デタープル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルグリット・ド・ナバール
まるぐりっとどなばーる
Marguerite de Navarre
(1492―1549)

フランス・ルネサンスの女流作家。国王フランソア1世の姉、ブルボン王朝初代国王アンリ4世の祖母にあたり、アランソン公妃、ついでナバール公妃。王族の立場を活用して人文主義者・福音(ふくいん)主義者を物心両面で援助し、保守的カトリック教会権力の圧迫から庇護(ひご)し、「フランスのミネルバ」として敬慕された。自ら当時有数の知識人として、プラトニズムと融合した内面的・神秘主義的信仰を抱き、画一的なカトリックと教条主義的なカルバン派双方の批判を浴びた。多忙な公務と家庭的な不幸にもめげず、宗教的叙情詩や宗教劇・俗劇を執筆。いずれも真の愛の探究や愛への限りない渇望、形式化した信仰の批判をテーマとする。死後出版の短編連作集『エプタメロン(七日物語)』(1559)においても、人間的愛憎の諸相に対する鋭い観察を通じて、愛とは何かという一貫した問いかけがみられる。[二宮 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マルグリット・ド・ナバールの関連キーワードマロ(Clément Marot)マルグリット・ダングレームルネサンス史(年表)アンリ[4世]デ・ペリエデ・ペリエ女流文学ロピタル好色文学マロ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android