コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルサラ Marsala

翻訳|Marsala

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルサラ
Marsala

イタリア南西部,シチリア島西端のリリベア (ボエオ) 岬にある港湾都市。シチリア州トラパニ県に属する。前6世紀にカルタゴ人によって建設され,シチリア支配の最重要拠点となった。前 241年にローマ人に支配されてからは,カルタゴ遠征の基地。 1860年 G.ガリバルディが赤シャツ隊員 1000人を率いてここに上陸し,南部イタリア攻略の基地とした。現在マルサラワインの輸出港で,漁港としても知られる。アラブ色の強い町で,イスラム教のモスクも現存。人口7万 7218 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マルサラ(Marsala)

イタリア南部、シチリア島、シチリア自治州の港湾都市。同島の最西端、リリベオ岬に近い。紀元前4世紀に古代カルタゴ人が築いた町に起源し、前3世紀に古代ローマの支配下に置かれた。デザートワインの一種、マルサラ酒の産地として知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

マルサラ【Marsala】

イタリア南部,シチリア州トラパニ県の都市。人口8万0760(1990)。シチリア島最西端の岬の上にある。紀元前4世紀にカルタゴによって建設されたが,現在名はアラブ起源である。18世紀後半ブドウ酒の製造が普及してから,この都市の産するマルサラ酒の生産地および輸出港として知られるようになり,今日なおその経済はブドウ酒を中心に成立している。イタリア統一運動において,シチリア征服をめざすガリバルディの率いる千人隊が上陸した地点である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマルサラの言及

【ブドウ酒(葡萄酒)】より

…強化ワインfortified wineは一般にアルコール分が16~20%と高く,糖分も多いものが多い。著名なものには,ポルトガルのポート(ポートワイン),マデイラ,スペインのシェリー,マラガ,シチリア島のマルサラ,キプロスのコマンダリアなどがある。以上の天然甘味ワイン,強化ワイン以外のデザートワインとしては,赤ワインをベースにオレンジやレモンの果汁を加えたスペインのサングリアや,白ワインに香草類を浸漬(しんし)したベルモットなどがある。…

※「マルサラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マルサラの関連キーワードイタリア料理モツィア

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マルサラの関連情報