コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルサリス

2件 の用語解説(マルサリスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

マルサリス

米国のジャズトランペット奏者,作曲家。ピアノ奏者の父,サックス奏者の兄,トロンボーン奏者の弟という音楽一家に育つ。クラシックを出発点としたが,後に歴代のジャズ・トランペット奏者の技法を研究し,ジャズの素養を身につけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルサリス
まるさりす
Wynton Marsalis
(1961― )

アメリカのジャズ・トランペット奏者。ニュー・オーリンズに、音楽教育者でもあるピアノ奏者エリス・マルサリスEllis Marsalis(1934― )の息子として生まれる。兄ブランフォード・マルサリスBranford Marsalis(1960― )はサックス奏者、弟デルフィーヨ・マルサリスDelfeayo Marsalis(1965― )はトロンボーン奏者。6歳でトランペットを贈られ8歳でバプティスト教会の楽隊に加わり演奏を始める。12歳のとき、父がディレクターを務めるバプティスト・センター・フォー・クリエイティブ・アーツに入学し、クラシック音楽を学ぶ。14歳でクラシック音楽のコンテストに出場し少年部門で優勝、ニュー・オーリンズ交響楽団ハイドンの「トランペット協奏曲」を共演する。このころよりトランペット奏者クリフォード・ブラウンアルバムを聴きジャズにも関心を示すが、1977年再度クラシックのコンテストで優勝、高校時代はニュー・オーリンズ市民オーケストラファースト・トランペット奏者を務める。79年ジュリアード音楽院入学のためニューヨークに行き、ただちにブルックリン交響楽団メンバーとして音楽活動を行う。
 80年ドラム奏者アート・ブレーキー率いるジャズ・メッセンジャーズに参加、アルバム『ジャズ・メッセンジャーズ・フィーチャリング・ウイントン・マルサリス』で衝撃的なジャズ・ミュージシャンとしてのレコード・デビューを果たす。81年(昭和56)ピアノ奏者ハービー・ハンコックのカルテットの一員として来日、このとき初リーダー・アルバム『ウイントン・マルサリスの肖像』を録音、翌82年全米発売とともに話題を呼び、『ビルボード』Billboard誌チャート上位に長期間ランクされる。同年、兄ブランフォードを従えたレギュラー・クインテットを結成し、ロサンゼルスのプレイボーイ・ジャズ・フェスティバルに出演、その後ヨーロッパ・ツアーを行いロンドンではクラシック・アルバムも録音する。83年グラミー賞「ジャズ・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」受賞、84年グラミー賞ジャズ、クラシック2部門制覇、当時の大統領ロナルド・レーガンよりホワイト・ハウスへ招待を受ける。85年、2年連続でグラミー賞ジャズ、クラシック両部門受賞。
 88年、音楽のための非営利組織である「ジャズ・アット・リンカーン・センター」の芸術監督に就任、ハウス・ビッグ・バンドである「リンカーン・センター・ジャズ・オーケストラ」を率いて演奏活動を行う。97年ジャズ・ミュージシャンとして初めてピュリッツァー賞を受賞。そのほかの代表作に『Jムード』(1985)、『スタンダード・タイムVol. 1』(1986)、『ザ・マジェスティ・オブ・ザ・ブルース』The Majesty of the Blues(1988)がある。
 彼は高い技術力を持つが、マイルス・デービスの後期の音楽を否定するなどのジャズに対する保守的な姿勢が、ジャズ・ピアニスト、キース・ジャレットから批判を受けるなど、その評価は一様ではない。しかし彼の社会的成功が、黒人の社会的地位向上のシンボルとみなされたことは否定できない。[後藤雅洋]
「『ウイントン・マルサリスの肖像』CD(1996・ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル) ▽『Jムード』『スタンダード・タイムVol. 1』CD(以上1999・ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル) ▽The Majesty of the Blues(CD, 1991, Columbia)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルサリスの関連キーワードエリントントランペットパーカーホットジャズディキシーランドジャズ加古隆近藤等則南里文雄春畑 セロリ:ジャズ・パラダイス/piano soloコリア, チック

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マルサリスの関連情報