コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチラテラリズム multi-lateralism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルチラテラリズム
multi-lateralism

多国間主義。貿易においては2国間ではなく世界全体との関係として問題をとらえるべきだとする考え方。政治・経済の国際的な相互依存が広まるなかで強調されてきた考えで,自由・多角的・無差別な貿易を目指したガット GATTおよび世界貿易機関 WTOの大きな目標の1つである。しかし近年,2国間での貿易摩擦の問題が大きくなるにつれて,関係国同士の交渉によって問題解決をはかろうとする2国間主義も台頭しつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マルチラテラリズム(multilateralism)

貿易について2国間でみるのではなく、多国間でみるべきだという考え方。多国間主義

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

マルチラテラリズム

多国間主義

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

マルチラテラリズム【multilateralism】

政治・経済分野の国際問題において、多国間で懸案を調整・処理しようとする考え方。多国間主義。多角的交渉主義。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

マルチラテラリズムの関連キーワードヨーロッパ安全保障戦略バイラテラリズム単独行動主義一方主義一国主義懸案

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android