マルヌの戦い(読み)まるぬのたたかい

日本大百科全書(ニッポニカ)「マルヌの戦い」の解説

マルヌの戦い
まるぬのたたかい

第一次世界大戦の趨勢(すうせい)を決めた重要な緒戦(1914年9月6~12日)。ドイツは、西部戦線短期決戦を目ざすシュリーフェン・プランに沿って進撃した。しかし、パリをその西から回り込むはずの最右翼が進路を東にずらした時点で、仏英軍が反撃に転じ、マルヌ川で進攻を阻止した。ここに戦線が膠着(こうちゃく)し、ドイツは予定が狂って、以後東西二正面作戦を余儀なくされた。右翼の一部を東部戦線の増援に回したことが致命的敗因である。

[柳田陽子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版「マルヌの戦い」の解説

マルヌの戦い
マルヌのたたかい
Marne

第一次世界大戦開始直後の1914年9月に行われた,西部戦線でのドイツとフランスとの最初の大規模な会戦
ベルギー中立を侵犯してフランスに侵入したドイツ軍を,フランスの参謀総長ジョフルイギリス軍と協力して,マルヌ川河畔でくいとめた。このため短期決戦により東西二正面攻撃をめざすドイツのシュリーフェン作戦は失敗し,戦争は長期化した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「マルヌの戦い」の解説

マルヌ‐の‐たたかい〔‐たたかひ〕【マルヌの戦い】

第一次大戦初期の1914年9月、ベルギーを突破して北フランスに進攻したドイツ軍を、イギリス・フランス軍がパリ東方のマルヌ川(Marne)河畔で撃退した戦い。短期決戦を期したドイツ軍の計画はこのため挫折ざせつし、戦争は長期化した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android