コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルヌの戦い マルヌノタタカイ

デジタル大辞泉の解説

マルヌ‐の‐たたかい〔‐たたかひ〕【マルヌの戦い】

第一次大戦初期の1914年9月、ベルギーを突破して北フランスに進攻したドイツ軍を、イギリス・フランス軍がパリ東方のマルヌ川(Marne)河畔で撃退した戦い。短期決戦を期したドイツ軍の計画はこのため挫折(ざせつ)し、戦争は長期化した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

マルヌのたたかい【マルヌの戦い】

第一次大戦初期の1914年九月、北フランスに進入したドイツ軍を、パリ東方マルヌ川付近でフランス軍が撃退した戦い。これにより戦争は長期戦にはいった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルヌの戦い
まるぬのたたかい

第一次世界大戦の趨勢(すうせい)を決めた重要な緒戦(1914年9月6~12日)。ドイツは、西部戦線の短期決戦を目ざすシュリーフェン・プランに沿って進撃した。しかし、パリをその西から回り込むはずの最右翼が進路を東にずらした時点で、仏英軍が反撃に転じ、マルヌ川で進攻を阻止した。ここに戦線が膠着(こうちゃく)し、ドイツは予定が狂って、以後東西二正面作戦を余儀なくされた。右翼の一部を東部戦線の増援に回したことが致命的敗因である。[柳田陽子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マルヌの戦いの関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット第一次世界大戦グリフィス第1次世界大戦イタリア映画カミュ第二次世界大戦

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マルヌの戦いの関連情報