最右翼(読み)さいうよく

精選版 日本国語大辞典「最右翼」の解説

さい‐うよく【最右翼】

〘名〙
① 左にひろがったものの、最も右側の部分。
※土と兵隊(1938)〈火野葦平〉「我々の荒川部隊は最右に敵前上陸をする」
② (軍関係の学校では成績順に右から並んだところから) ある物事に関して最も有力なもの。「首位打者争いの最右翼」
③ 最も右翼的な思想。また、その思想をもつ人。極右。〔最新現代語辞典(1933)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android