コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルバギシギシ mountain‐sorrel

世界大百科事典 第2版の解説

マルバギシギシ【mountain‐sorrel】

北極をとりまく北半球温帯の高山から寒帯日当りのよい岩礫地(がんれきち)などに生える1属1種のタデ科多年草(イラスト)。日本では,本州中部以北の高山と北海道に分布する。全草無毛,根は紡錘形で深く地中に入る。根出葉叢生(そうせい)し,軟質で腎円形,長さ1.5~2.5cm,長い葉柄がある。花期は7~8月,花茎は高さ10~30cm,緑色から緑紅色の花は総状花序につき,花被片は4枚,おしべは6本,花柱は2本。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルバギシギシ
まるばぎしぎし
[学]Oxyria digyna (L.) Hill.

タデ科の多年草。マルバギシギシ属で、1属1種。地下茎は太く、全株無毛。茎は高さ約20センチメートル。根際(ねぎわ)の葉は長い柄があって叢生(そうせい)し、腎円(じんえん)形で径1~4センチメートル、全縁で波状をなし、先は丸いかへこむ。このため、別名ジンヨウスイバ(腎葉酸葉)ともいう。茎葉は退化し、膜質の托葉(たくよう)となる。7~8月、総状花序をつくり、多くの小花を束生する。花は両性で花被片(かひへん)は4枚、外側の2枚は反り返り、内側の2枚は大きくて痩果(そうか)を包む。雄しべは6本。花柱は2本で細裂する。痩果は扁平(へんぺい)な卵形で、縁(へり)に膜質円形で先がへこむ翼がある。高山の湿地に生え、中部地方、北海道、およびアジア、ヨーロッパ、北アメリカの寒帯に広く分布する。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のマルバギシギシの言及

【氷河植物群】より

…この植物群は,その代表的植物のチョウノスケソウDryas octopetala L.の名をかりてドリアス植物群Dryas floraと呼ばれることもある。ムカゴトラノオBistorta vivipara S.F.Gray,マルバギシギシOxyria digyna Hill,ヒメカンバBetula nana L.など,今日,北極圏やヨーロッパ・アルプス,ロッキー山脈に見られる植物が,この植物群を指標し,中緯度地方の高山植物群の主要な構成要素をなしている。【河野 昭一】。…

※「マルバギシギシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マルバギシギシの関連キーワード賢葉酸葉深山羊蹄深山酸葉膜質

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android