コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンサク科 マンサクかHamamelidaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンサク科
マンサクか
Hamamelidaceae

双子葉植物バラ目の1科。南北両半球にわたって,おもに亜熱帯と暖温帯に分布し,約 20属 80種が知られる。高木または低木で,葉は互生し単純形または掌状に裂ける。花は総状や穂状の花序 (→総状花序 , 穂状花序 ) につき,両性花または単性花である。萼片,花弁はともに4~5枚,ときに裸花となることがある。おしべも通常は4~5本。めしべは1個で,のちに硬い蒴果となる。 蒴果の外皮は木化し,熟すと開裂する。マンサク属 Hamamelisをはじめイスノキ属 Distylium,トサミズキ属 Corylopsisなどが日本に自生する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンサク科
まんさくか
[学]Hamamelidaceae

双子葉植物、離弁花類。常緑または落葉の高木または低木。全体に星状毛があるものが多い。葉は単葉で互生し、托葉(たくよう)がある。枝先に穂状花序または頭状花序をつくり、両性または単性の花を開く。萼片(がくへん)、花弁は多くは四または五枚で放射相称であるが、花弁のないものもある。雄しべは4または5本であるが、それと互生して5本の仮雄蕊(かゆうずい)があるものもある。雌しべは二枚の心皮からなり、子房は二室、胚珠(はいしゅ)は1、2個であるがまれに5、6個のものもある。果実は果皮の堅い(さくか)で二裂し、中に大きな種子がある。熱帯から温帯に広く分布し、22属約80種が知られる。五亜科に分類され、日本にはマルバノキ亜科のマルバノキ属、マンサク亜科のマンサク属、トサミズキ属、トキワマンサク属、イスノキ亜科のイスノキ属の三亜科5属8種が野生し、シナマンサクやフウ亜科のフウ属が栽培される。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マンサク科の関連キーワードリクイダンバル深山土佐水木比与牟乃木マルバノキ支那満作丸葉の木土佐水木霧島水木丸葉満作土佐見月秋咲万作丸葉万作日向水木常磐万作常磐満作伊予水木高野水木赤花万作蝋梅擬時不知

マンサク科の関連情報