コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マントノン夫人 マントノンふじん Maintenon, Françoise d'Aubigné, Marquise de

2件 の用語解説(マントノン夫人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マントノン夫人
マントノンふじん
Maintenon, Françoise d'Aubigné, Marquise de

[生]1635.11.28. 〈洗礼〉ニオール
[没]1719.4.15. サンシール
フランスの文人,教育家。詩人 T.A.ドービニェの孫娘。不幸な少女時代を過し,16歳のとき 25歳年長の詩人 P.スカロンと結婚した。夫の死後宮廷に入り,ルイ 14世の庶子の教育にあたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マントノン夫人
まんとのんふじん
Marquise de Maintenon, Franoise d'Aubign
(1635―1719)

フランス国王ルイ14世の寵妃(ちょうひ)。フランスの学校制度の創始者。「フロンドの乱」での反体制派の貴族の娘として生まれる。文学サロンに出入りしているうちに詩人スカロンと結婚。夫の死後、宮廷に入り、ルイ14世とモンテスパン夫人との子供の家庭教師となり、マントノン領を与えられ侯爵夫人の称号も得た。王妃の死後、王と秘密結婚をし、以後、宮廷内で権力を伸ばし、政治にも口出しするようになって、陰の統治者といわれた。しかし一方では、宮廷の華美遊蕩(ゆうとう)の風を正し、とくに教育事業に力を注ぎ、フランスの女子教育と学校制度の開祖となった。王の死後、パリ郊外サン・シールに引退し、その地に、初めて修道院の付属でない教育機関「サン・シール校」を開いて、近代の学校の基を築いた。[榊原晃三]
『アラン・ドゥコー著、川田靖子訳『フランス女性の歴史1』(1980・大修館書店) ▽フランソワーズ・シャデルナゴール著、二宮フサ訳『王の小径』(1984・河出書房新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマントノン夫人の言及

【サロン】より

…17世紀にはそのほか,ラ・ロシュフーコーの《箴言集》や,J.deラ・フォンテーヌの《寓話》を生み出したサブレ夫人のサロン,多少軽佻な趣があったスカロン夫人Mme.Scarron(1635‐1719。のちのマントノン夫人marquise de Mantenon)のサロンなどがあり,17世紀末には自由思想家(リベルタン)たちを集めたニノン・ド・ランクロNinon de Lenclos(1620‐1705)のサロンも出現した。 ルイ14世が死んで(1715)摂政時代になると,〈古代人と近代人の優劣論争〉(新旧論争)などが行われたランベール夫人marquise de Lambert(1647‐1733)のサロン(1710ころ‐33),華やかな文学遊戯や奔放な風俗で名高いデュ・メーヌ公夫人duchesse du Maine(1676‐1753)のサロン(パリ南郊のソーSceauxの邸で開かれた)などが現れる。…

【スカロン】より

…なおスカロンは不具であったが,1652年アグリッパ・ドービニェの孫娘と結婚した。この女性が将来,ルイ14世の晩年の寵妃マントノン夫人となる。【福井 芳男】。…

※「マントノン夫人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マントノン夫人の関連キーワード洗礼盤於ける死別洗礼者ヨハネ洗礼名サンジャン洗礼堂ネオン洗礼堂真田信吉道周法親王洗礼親

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone