コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マントン マントンMenton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マントン
Menton

フランス南東部,アルプマリティム県にある町。ニースの東約 30km,イタリア国境に接し,地中海に面する。 14世紀以来モナコ公グリマルディ家の領地で,1860年にフランス領となった。マルタン岬にそびえる城塞のまわりの旧市街に中世の趣が残されている。コートダジュールの重要な観光地の一つ。保養地,海水浴場として知られる。人口2万 9474 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マントン(Menton)

フランス南東部、アルプ‐マリチーム県の観光保養都市。コートダジュールの最東端、イタリア国境に接する。レモンやオリーブ、香水の生産が盛ん。毎年2月に催されるレモン祭が有名。高級ホテルやカジノのほか、ジャン=コクトー美術館がある。イタリア語名マントネ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マントン
まんとん
Menton

フランス南東部、アルプ・マリティーム県の都市。コート・ダジュール最東端の観光・保養都市で、リビエラ海岸(イタリア)のサン・レモまで28キロメートル。イタリア語名マントネMentone。人口2万8812(1999)。1848年までモナコ領、以後サルデーニャの保護下で自由都市を宣言した。1860年フランス領となる。果実、花、オリーブ、香水の集散地。[青木伸好]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マントンの関連キーワードビアズリー(Aubrey Vincent Beardsley)セルジオ・ダニエル ティエンポベルナルドゥス[マントン]ロクブリュヌカップマルタンブラスコ・イバニェスファントンヘルローウェークフィールドノルマントン号事件コート・ダジュールJ. ポリアコフカーペンタリア湾サンベルナール峠ベンティミーリアモンテ・カルロゴマントン洞窟レモン祭りギュイヨーホスピス条約改正グリーン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マントンの関連情報