コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーチソン隕石 マーチソンいんせき

2件 の用語解説(マーチソン隕石の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

マーチソン隕石【マーチソンいんせき】

1969年,オーストラリアビクトリア州マーチソン付近に落下した隕石。酸素,マグネシウムなどが太陽系の平均的な値と異なる同位体組成をもつことから,太陽系誕生以前の歴史を記録した隕石と考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マーチソンいんせき【マーチソン隕石 Murchison meteorite】

1969年9月,オーストラリア,ビクトリア州マーチソン付近に隕石雨として落下した隕石(炭素質コンドライト)。アジェンデ隕石などと同様,Ca,Alに富む高温で安定な鉱物からなるインクルージョンを含む。これらの中から,太陽系の平均的な値と異なる同位体組成をもつO,Mgなどが見いだされ,太陽系形成以前の歴史を記録した始原的な隕石の一つと考えられている。有機化合物も多く含まれており,グリシンアラニングルタミン酸などを含む少なくとも17種のアミノ酸,炭素数13~23程度の炭化水素が見いだされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マーチソン隕石の関連キーワードオーストラリア区オーストラリア諸語グレートビクトリア砂漠オーストラリア亜区オーストラリアンバロットオーストラリアン・テリアオーストラリアン・ヒーラーオーストラリアン・ミストオーストラリアの気候と農業

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone