ミショット(英語表記)Michotte, Albert Edouard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミショット
Michotte, Albert Edouard

[生]1881.10.13. ブリュッセル
[没]1965.6.2. ルーバン
ベルギーの心理学者。ルーバン大学教授。ライプチヒ,ウュルツブルク大学に留学。意志研究から始り,感覚,リズム,感情および知覚研究とその範囲は広く,特に因果関係の知覚に関する実験現象学的研究は著名。主著『因果の知覚』 La Perception de la causalité (1946) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミショット
みしょっと
Albert Edward Michotte
(1881―1965)

ベルギーの心理学者。ブリュッセルの生まれ。1900年ルーバン大学においてメルシエDsir Flicien Franois Joseph Mercier(1851―1926)のもとで哲学、科学、生理学で博士号をとり、1905年から1956年までルーバン大学に勤める。その間、1905年から1908年にかけてドイツに留学、W・ブント、キュルペについて心理学を学ぶ。生涯を通して知覚に関心をもち、ことに第一次世界大戦後はゲシュタルト心理学に興味をもち、知覚の土台にある運動や時間のゲシュタルトGestalt(形)の発達を研究していたが、1939年以後は物理的因果の知覚の研究を始め、世界の注目を集めた。二つの対象が衝突して一方が他方を動かす種々の状況を設定し、因果の知覚が色や音と同じように直接経験されるもので、経験を解釈したものではないと主張した。著書に『La perception de la causalit(因果の知覚)』(1946)などがある。[宇津木保]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ミショット

生年月日:1881年10月13日
ベルギーの心理学者
1965年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android