コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズヒキガニ Eplumura phalangium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミズヒキガニ
Eplumura phalangium

軟甲綱十脚目ミズヒキガニ科。甲長 1.5cm。甲は縦長の三角形で,細長い眼柄の基部より後半は長い頸部を形成する。鋏脚や歩脚は円筒形で細長く,特に第1~3歩脚はきわめて長く,左右に広げると 15cm以上になる。第4歩脚は短く,背側にかたより,先端が鋏になっている。その鋏でヤギ類などを挟んで身を隠す。体は一様に朱赤色。本州,四国,九州沿岸全域と大韓民国(韓国)南部の水深 30~80mの海底に生息する。鋏脚と歩脚に赤白の横縞があるサナダミズヒキガニ Latreillia valida はインド太平洋海域に広く分布し,本種よりやや深いところに生息する。第4歩脚の先端 2節には毛の縁どりがあるだけで,鋏にはなっていない。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミズヒキガニ
みずひきがに / 水引蟹
[学]Eplumula phalangium

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目ミズヒキガニ科に属するカニ。日本特産で、本州、四国、九州の全沿岸の水深30~80メートルにすむ。砂泥底よりもむしろ岩場の海底にすむ。甲は洋ナシ形で、甲長1.5センチメートルほどしかないが、歩脚を広げると20センチメートルに達する。管状で、赤くて長い歩脚が、祝儀用の袋にかける水引を思い起こさせるために、この和名がある。最後の脚(あし)は短く、歩くときにバランスをとるのに使われるが、先端2節で不完全なはさみを形成する。近縁種のサナダミズヒキガニLatreillia validaは、はさみと歩脚に赤白の帯模様がある。最後の脚の前節は長く、羽状毛で縁どられている。西太平洋からインド洋にかけての海域に広く分布する。大西洋にはミズヒキガニにごく近縁のE. elegansがすむ。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミズヒキガニの関連キーワードLatreillia validaミズヒキガニ(水引蟹)水引蟹甲類

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android