コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズヒキガニ ミズヒキガニ Eplumura phalangium

2件 の用語解説(ミズヒキガニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミズヒキガニ
ミズヒキガニ
Eplumura phalangium

軟甲綱十脚目ミズヒキガニ科。甲長 1.5cm。甲は縦長の三角形で,細長い眼柄の基部より後半は長い頸部を形成する。鋏脚や歩脚は円筒形で細長く,特に第1~3歩脚はきわめて長く,左右に広げると 15cm以上になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミズヒキガニ
みずひきがに / 水引蟹
[学]Eplumula phalangium

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目ミズヒキガニ科に属するカニ。日本特産で、本州、四国、九州の全沿岸の水深30~80メートルにすむ。砂泥底よりもむしろ岩場の海底にすむ。甲は洋ナシ形で、甲長1.5センチメートルほどしかないが、歩脚を広げると20センチメートルに達する。管状で、赤くて長い歩脚が、祝儀用の袋にかける水引を思い起こさせるために、この和名がある。最後の脚(あし)は短く、歩くときにバランスをとるのに使われるが、先端2節で不完全なはさみを形成する。近縁種のサナダミズヒキガニLatreillia validaは、はさみと歩脚に赤白の帯模様がある。最後の脚の前節は長く、羽状毛で縁どられている。西太平洋からインド洋にかけての海域に広く分布する。大西洋にはミズヒキガニにごく近縁のE. elegansがすむ。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミズヒキガニの関連キーワード軟甲類旭蟹岩蟹蝲蛄水引蟹扇蟹拳蟹柔蟹ミズヒキガニ(水引蟹)サナダミズヒキガニ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone