コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミゾシダ Stegnogramma pozoi (Lagasca) K.Iwats.ssp.mollissima (Fischer ex Kunze) K.Iwats.

世界大百科事典 第2版の解説

ミゾシダ【Stegnogramma pozoi (Lagasca) K.Iwats.ssp.mollissima (Fischer ex Kunze) K.Iwats.】

山野,路傍陰地にごく普通のヒメシダ科の夏緑性シダ(イラスト)。和名は溝の傍に多いことに由来する。根茎は長く横走するので,しばしば一面に葉が群生する。葉は直立することはないが,長さは葉柄を含めて70cmに達することがある。葉柄には密に毛をつけ,まばらに鱗片をつける。単羽状深裂の葉面にも,毛が密につき,暗緑色となる。葉脈は単生,まれに二叉(にさ)することがあり,裂片の辺縁に達するが,網目をつくることはない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミゾシダ
みぞしだ / 溝羊歯
[学]Leptogramma mollissima (Fisch.) Ching

オシダ科の夏緑性シダ。根茎は匍匐(ほふく)し、やや密に葉をつける。葉身は羽状に分裂し、羽片は中裂ないし深裂。体全体に毛がある。胞子嚢(のう)群は裏面に棒状につき、包膜はない。全国の山野に普通にみられる。[西田治文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミゾシダの関連キーワード胞子嚢

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android