コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミゾシダ Stegnogramma pozoi (Lagasca) K.Iwats.ssp.mollissima (Fischer ex Kunze) K.Iwats.

2件 の用語解説(ミゾシダの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミゾシダ【Stegnogramma pozoi (Lagasca) K.Iwats.ssp.mollissima (Fischer ex Kunze) K.Iwats.】

山野,路傍の陰地にごく普通のヒメシダ科の夏緑性シダ(イラスト)。和名は溝の傍に多いことに由来する。根茎は長く横走するので,しばしば一面に葉が群生する。葉は直立することはないが,長さは葉柄を含めて70cmに達することがある。葉柄には密に毛をつけ,まばらに鱗片をつける。単羽状深裂の葉面にも,毛が密につき,暗緑色となる。葉脈は単生,まれに二叉(にさ)することがあり,裂片の辺縁に達するが,網目をつくることはない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミゾシダ
みぞしだ / 溝羊歯
[学]Leptogramma mollissima (Fisch.) Ching

オシダ科の夏緑性シダ。根茎は匍匐(ほふく)し、やや密に葉をつける。葉身は羽状に分裂し、羽片は中裂ないし深裂。体全体に毛がある。胞子嚢(のう)群は裏面に棒状につき、包膜はない。全国の山野に普通にみられる。[西田治文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミゾシダの関連キーワード葵菫鼬羊歯湿羊歯虎の尾羊歯溝羊歯雌羊歯路傍の人蔓連朶姫蕨袋羊歯

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone