コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミチシバ(道芝) ミチシバMelica onoei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミチシバ(道芝)
ミチシバ
Melica onoei

イネ科の多年草。ハナビガヤともいう。関東以西から四国,九州および朝鮮半島,中国に分布する。山地の藪などに生え,普通単生する。全体に繊細で高さ 70~130cm,多くの節があり基部は古い鞘で包まれる。葉は狭線形で長さ約 20cm。8~9月頃,長さ 15~30cmの円錐花序を頂生し,ややまばらに花をつける。小穂は多数斜開した細い枝に垂れ下がる。同じイネ科チカラシバカゼクサをこの名で呼ぶこともある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android