コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミナス油田 ミナスユデン

4件 の用語解説(ミナス油田の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ミナス‐ゆでん【ミナス油田】

Minas field》インドネシア、スマトラ島中部にある油田。リアウ州の州都プカンバルの北約20キロメートルに位置する。東南アジア最大級の埋蔵量・生産量を誇る。第二次大戦中に日本軍が発見。1950年代よりカルテックス社が生産を開始した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ミナス油田

インドネシアにある油田。スマトラ島中部に位置する。1944年発見。生産量、埋蔵量とも東南アジア最大級を誇る。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ミナスゆでん【ミナス油田 Minas】

インドネシアの中スマトラ地区に位置する油田。埋蔵量,生産量ともに東南アジア最大である。究極可採埋蔵量は47億バレルと推定される。カルテックス社が試掘1号井の開坑準備を行ったところで太平洋戦争が勃発し,カルテックス社が残したリグを使用した日本軍石油部隊によって1944年12月4日に油層が発見された。戦後カルテックス社は本油田の探鉱,開発を続行し,52年生産を開始した。基盤の高まりの上に形成された典型的な背斜構造で,油層は新第三系中の砂岩にあり,厚さ約130m,油層深度600m前後である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミナス油田
みなすゆでん
Minas

インドネシア、スマトラ島中部にある東南アジア最大の油田。第二次世界大戦中の1944年(昭和19)、日本の石油部隊により発見され、現在はカルテックス社が生産している。油層深度は平均約700メートル、総可採埋蔵量は約6億4000万キロリットル、生産量は日産約4万7000キロリットル(1984)と推定されている。また、ミナス原油は硫黄(いおう)分が0.1%という低硫黄原油であるため、公害対策として需要が多く、日本が輸入しているスマトラ・ライト原油はミナス原油が主体である。[田中正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミナス油田の関連キーワードインドネシア語派パレンバンスマトラスマトラ沖地震スマトラタイガーマトラ砦インドネシアの恋唄シアヌック峡谷タマンミニインドネシアスマトラ沖大地震・津波

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone