ミニシアター

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミニシアター

客席数の少ない小規模の映画館(→映画)。アメリカ合衆国では映画界の不況を背景に 1960年代中期に出現するが,日本で活況を呈してくるのは 1980年代からである。それまで大劇場の興行は,観客の大量動員を目指し,娯楽巨編主義がとられてきた。ところが観客の志向の多様化時代を迎え,興行内容や興行方式の変革を迫られるようになった。この流れのなかで,ドライブイン・シアターや移動式映画館,あるいはレイトショー・シアターなどとともに,ミニシアターが登場した。1970年代から活動を開始した岩波ホール(神田)はその先駆的存在だった。本格的な幕開けは,1981年,座席数 224のシネマスクエアとうきゅう(新宿。2014閉館)が,豪華な鑑賞設備,完全入れ替え制,都内単独ロードショーなどをうたって開場してからである。良質な映画を求める観客の声にこたえ,その後,次々に個性的なミニシアターが誕生した。従来の劇場では採算のとれなかった作品も,ミニシアターでは公開が可能となり,初めて日の目をみた秀作も多い。1988年,東京都千代田区日比谷にあるシャンテ・シネ2(のちに TOHOシネマズシャンテに改称)が長期上映した『ベルリン・天使の詩』(1987)は,単館ロードショーの記録を大きく更新,ミニシアターの強さを印象づけた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ミニシアター

mini+theater〕
座席数が三〇〇以下の小規模映画館。主に芸術性の高い映画などを上映する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミニシアターの関連情報