コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヌシンスク Minusinsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヌシンスク
Minusinsk

ロシア中東部,東シベリアクラスノヤルスク地方の都市。クラスノヤルスクの南南西約 280km,エニセイ川上流部右岸に位置する河港都市。東シベリア南部の農業地帯ミヌシンスク盆地にあり,農産物加工業 (食肉,製粉) が発達。ほかに木材加工,縫製などの工業がある。 18世紀中頃に始り,1822年市となった。 1970年代に入ってアバカンチェルノゴルスクなどとともにサヤン産業コンプレックス (複合体) を形成し,発展をとげている。エニセイ川をはさんで対岸にアバカンがあり,アバカンとタイシェトを結ぶ鉄道,アバカンとクイズイルを結ぶハイウェーが通る。人口7万 4200 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミヌシンスク【Minusinsk】

ロシア連邦中南部,クラスノヤルスク地方,ミヌシンスク盆地の東部,エニセイ川上流右岸に位置する河港都市。人口7万4400(1992)。森林ステップ,ステップ地帯にあり,シベリアで重要な農業中心地で,製粉,製麵,醸造などの食品工業と農業機械,栽培技術の教育機関がある。付近には弱粘結炭の埋蔵量を誇るミヌシンスク炭田がある。1739年に城塞としてはじまり,交通の要衝で交易中心となり,また政治犯の流刑地でもあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ミヌシンスクの関連キーワードストーン・サークルアファナシエバ文化タシュトゥイク文化アンドロノボ文化マイエミール文化ミヌシンスク文化シュシェンスコエサルマート文化カラスク文化ハカス共和国タガール文化アルタイ文化サヤン山地櫛目文土器キルギス族バンザロフアバカン川ハカス族青銅器匈奴

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android