コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミノウスバ ミノウスバ Pryeria sinica

2件 の用語解説(ミノウスバの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミノウスバ
ミノウスバ
Pryeria sinica

鱗翅目マダラガ科。前翅長 11~16mm。翅は透明で細長い。触角は雄では櫛状,雌ではほぼ棍棒状。口吻は退化している。全体黄色の長軟毛を密生するが,胸部と腹端に黒色毛がある。成虫は晩秋に出現し,昼間飛翔する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミノウスバ
みのうすば / 蓑薄翅蛾
[学]Pryeria sinica

昆虫綱鱗翅(りんし)目マダラガ科に属するガ。はねの開張25~35ミリメートル。体は軟毛に覆われ、胸部は黒く、腹部は赤褐色、尾端には黒色の長毛が束になって生えている。はねは透明であるが、翅脈は黒っぽく、前翅基部は黄色みを帯びる。日本本土、対馬(つしま)、朝鮮半島、中国に分布する。成虫は晩秋に羽化し、陽光の下で活発に飛ぶ。ニシキギ科のマサキの枝に産み付けられた卵塊はそのまま越冬し、翌春孵化(ふか)して葉を食べ、5~6月に蛹化(ようか)する。多発するとマサキの生け垣が坊主になってしまう。ほかのニシキギ科にも寄生する。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のミノウスバの言及

【マダラガ(斑蛾)】より

…タケノホソクロバBalataea funeralisは,タケやササの害虫であるばかりでなく,毒針毛をもつので,触れると皮膚にささり,痛みや発疹ができる。このほか日本で害虫とされているものは,マサキやニシキギの葉を食害するミノウスバPryeria sinica,ウメやサクラにつくウスバツバメガElcysma westwoodii,ウメスカシクロバIlliberis rotundata,リンゴ,ナシ,サクラなどを食害するリンゴハマキクロバI.pruniなどがある。【井上 寛】。…

※「ミノウスバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミノウスバの関連キーワード虎蛾蛍蛾斑蝶まだら節シャクガ(尺蛾)スカシマダラ(透斑)スジマダラメイガ(条斑螟蛾)ヒゲナガガ(髭長蛾)ホタルガ(蛍蛾)マダラガ(斑蛾)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone