コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミムルス ミムルス Mimulus; monkey flower

2件 の用語解説(ミムルスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミムルス
ミムルス
Mimulus; monkey flower

ゴマノハグサ科ミムルス (ミゾホオズキ) 属の総称。日本にはミゾホオズキオオバミゾホオズキの2種が自生する。葉は単葉で対生し,花冠は2唇形で,上唇が2裂,下唇が3裂する。ミムルス・ルテウス M.luteusとミムルス・グッタトゥス M.guttatusの交雑種であるミムルス・ヒブリドゥス M.×hybridusが一般に鉢植えで流通する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミムルス
みむるす
[学]Mimulus

ゴマノハグサ科のミゾホオズキ属の総称。日本では同属の園芸種の総称として用いられる。園芸種としてはニオイホオズキM. moschatus Dougl.が代表的で、よく栽培されている。北アメリカ西部の原産で、アメリカミゾホオズキともいう。半耐寒性の多年草であるが普通は一年草として扱われ、鉢または花壇に植えて観賞される。茎は腺毛(せんもう)に覆われ、地面をはい、分枝して広がり、のちに直立して高さ30センチメートルほどになり、強いじゃ香様の香気がある。葉は対生し、楕円(だえん)状卵形で長さ約3センチメートル、縁(へり)に鋸歯(きょし)がある。花は葉腋(ようえき)に1花ずつつき、花筒は長さ約2センチメートル、花冠は上下2唇に分かれ、上唇は2裂、下唇は3裂し、黄色に褐色の斑紋(はんもん)がある。花期は5~10月。ほかにニシキミゾホオズキもよく栽培される。
 秋に種子を鉢または箱に播き、1~2回移植してから定植する。冬季は温室やフレーム内で管理する。[松岡清久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミムルスの関連キーワードゴマノハグサ科ミゾホオズキオオバミゾホオズキ軍配酸漿胡麻の葉草丹波酸漿溝酸漿酸漿市アワホオズキミゾホオズキ属

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone