コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマカラスシジミ みやまからすしじみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤマカラスシジミ

カラスシジミ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヤマカラスシジミ
みやまからすしじみ / 深山烏小灰蝶
[学]Strymonidia mera

昆虫綱鱗翅(りんし)目シジミチョウ科に属するチョウ。日本では北海道(南西部の渡島(おしま)半島のみ)、本州、四国、九州に産するが、近畿地方以西の日本西南部では山地に分布し、しかもその産地は局部的である。国外では朝鮮半島に分布する。はねの開張は30~35ミリ程度。はねの表面は黒褐色、カラスシジミに似ているが裏面の斑紋(はんもん)が異なる。年1回の発生で、7、8月に出現する。幼虫の食草はクロウメモドキ科の各種の植物。卵の状態で冬を越し、翌春、食草の芽立ちとともに幼虫は孵化(ふか)する。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のミヤマカラスシジミの言及

【カラスシジミ】より

…雌は食樹の枝や幹に産卵し,卵で越冬する。近縁のミヤマカラスシジミS.meraは北海道南西部から九州にかけて,リンゴシジミS.pruniは北海道に,ベニモンカラスシジミS.iyonisは本州中西部と四国に分布している。【高橋 真弓】。…

※「ミヤマカラスシジミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミヤマカラスシジミの関連キーワード食草

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android