コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュルダール ミュルダールMyrdal, Alva

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミュルダール
Myrdal, Alva

[生]1902.1.31. ウプサラ
[没]1986.2.1. ストックホルム
スウェーデンの女性外交官,政治家,社会学者。ストックホルム大学,ウプサラ大学を卒業。 1949~50年国連事務局社会問題部長,51~55年ユネスコ本部社会科学部長,55~56年インド,ビルマ両国駐在公使。 56~61年セイロン (現スリランカ) 駐在大使,62年国会議員,62年からジュネーブの軍縮委員会のスウェーデン代表となり,67年軍縮担当国務相を兼務。 82年メキシコのガルシア・ロブレス元外相とともにノーベル平和賞受賞。著書には経済学者の夫,G.ミュルダールとの共著"Crisis in the Population Problem" (1934) ,"Are We Too Many?" (50) などがある。

ミュルダール
Myrdal, (Karl) Gunnar

[生]1898.12.6. グスタフス
[没]1987.5.17. ストックホルム
スウェーデンの経済学者,社会学者。ストックホルム大学卒業後,1927年同大学講師となり,33~50年および 60年以降同大学教授。その間の 36~38,44~45年国会議員,45~47年商務相,47~57年国連ヨーロッパ経済委員会委員長として活躍し,実務家としても才能を発揮した。第2次世界大戦前は北欧学派の代表的理論家の一人として「事前」「事後」の概念を導入した貨幣的均衡論や経済学方法論の面でおもに活躍していたが,戦中~戦後は次第に社会学的方面に関心を広め,アメリカの黒人問題や発展途上国問題,将来世界の問題などで活発な活動を続けた。 74年 F.ハイエクとともにノーベル経済学賞受賞。夫人の政治家 A.ミュルダールも,82年ノーベル平和賞を受賞。著作は『経済学説と政治的要素』 Vetenskap och politik i national-economien (1930) ,『貨幣的均衡論』 Monetary Equilibrium (39) ,"An American Dilemma: The Negro Problem and Modern Democracy" (44) ,『経済理論と低開発地域』 Economic Theory and Under-developed Regions (57) ,『福祉国家を越えて』 Beyond the Welfare State (60) ,『アジアのドラマ』 Asian Drama: An Inquiry into the Poverty of Nations (68) ,『貧困からの挑戦』 The Challenge of World Poverty: A World Anti-Poverty Program in Outline (70) など多数。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ミュルダール(Karl Gunnar Myrdal)

[1898~1987]スウェーデンの経済学者。貨幣および経済変動理論の分野で先駆的業績をあげ、また経済的、社会的、制度的諸現象の相互依存関係の分析を行った。1974年ノーベル経済学賞受賞。著「経済学説と政治的要素」「貨幣的均衡論」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ミュルダール【Karl Gunnar Myrdal】

1898‐1987
スウェーデンの経済学者。1974年ノーベル経済学賞を受賞。大学教授のほかに,弁護士,政府の顧問・委員,国会議員,大臣など多彩な経歴の持主で,第2次大戦後,国連ヨーロッパ経済委員会の委員長として10年間ジュネーブに在勤し,ヨーロッパ再建に尽力した。学者としての研究領域も広く,マクロ経済学,経済学方法論・学説史,アメリカ黒人問題,国際経済学などにわたる。主著《アジアのドラマAsian Drama》(1968)は,1957年末から61年初めにかけて,当時インド駐在スウェーデン大使であった夫人のアルバ・ミュルダールとともに南アジアに滞在中,実施した調査研究にもとづく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ミュルダール【Karl Gunnar Myrdal】

1898~1987) スウェーデンの経済学者・政治家。貨幣経済論などで業績をあげ、次第に経済問題の社会学的要因へと視点を移す。著「経済学説と政治的要素」「アメリカのジレンマ」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のミュルダールの言及

【価値】より

…実際,価値の概念はスコラ哲学や功利主義哲学における自然法的な思想を背景にして発展してきたのである。経済的価値の概念もまた,G.ミュルダールが《経済学説の発展における政治的要素》(1953)において綿密に検討したように,自然法の影響のもとに彫琢されてきたものである。しかし自然法的な思想は,事実判断と価値判断とを混同させているという意味で,後者から自由であろうとする科学にとって,障害になりやすい。…

【制度学派】より

…その数量分析が制度主義的とみなされるのは,ミッチェルにおいても,産業industryと営利企業business,あるいは財生産making goodsと金もうけmaking moneyの区別というベブレン流の制度理解があったからである。 これら3者にJ.M.クラークやG.C.ミーンズらを加えて旧制度学派とよび,《豊かな社会》のJ.K.ガルブレースや《アジアのドラマ》のK.G.ミュルダールらのように,より包括的かつ現代的な問題意識をもった経済学者たちを新制度学派とよぶのが普通である。つまり後者にあっては,〈生活の質〉とか南北問題といったような新たな論点に関心がそそがれている。…

【ソシオ・エコノミックス】より

…しかし,社会諸科学はそれぞれ独立したものとして論じられる傾向にあるため,社会的事実の一側面つまり物質的・技術的側面に関する部分的な研究として経済学を位置づけ,それと他の諸側面に関する研究とを総体的に関連づけるような試みは少なかった。このような個別諸科学の孤立性を反省して諸学の協同をはかろうとするのはK.E.ボールディングのシステム論,J.K.ガルブレースやK.G.ミュルダールの文明論などであるが,とくにT.パーソンズは,A.マーシャル,J.シュンペーターおよびJ.M.ケインズの経済学に含まれていた社会的要素を独自の社会学的分析装置によって明示化することを通じ,経済と社会の関係を理論的に究明しようとした。しかし今までのソシオ・エコノミックスは,社会諸科学の既存の成果を基本的に是認したうえでの協同研究という意味で,学際的interdisciplinary接近に属するが,それら既存の成果はさまざまのイデオロギーを伴っていることが少なくない。…

※「ミュルダール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミュルダールの関連キーワードリンダール(Erik Robert Lindahl)ミュルダール(Karl Gunnar Myrdal)ミュルダール(Alva Myrdal)カール・グンナール ミュルダールグンナル・ミュルダールアルバ ミュルダールアルバ・ミュルダール価値判断論争新制度学派反腐敗運動12月6日厚生経済学1月31日ジレンマ生活の質南北問題制度学派社会福祉初発条件ピグー

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android