コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュンヒンガー Karl Münchinger

世界大百科事典 第2版の解説

ミュンヒンガー【Karl Münchinger】

1915‐90
ドイツの指揮者バロック音楽を中心とした室内合奏の指揮で知られる。1937年指揮者としてデビュー。41‐43年ハノーファー交響楽団の指揮者。45年シュトゥットガルト室内合奏団を創設し,さらに66年,シュトゥットガルト古典フィルハーモニー管弦楽団を創設。とくにJ.S.バッハの演奏を得意とし,戦後のバロック音楽再評価において大きな影響力をもった。ブリテンヒンデミットなどの作品も手がけている。1956年楽団を率いて初来日。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミュンヒンガー
みゅんひんがー
Karl Mnchinger
(1915―1990)

ドイツの指揮者。生地シュトゥットガルトの音楽院で学んだのち、ライプツィヒ音楽院でアーベントロートに指揮法を学ぶ。1941年ハノーバーで指揮活動に入り、45年生地にシュトゥットガルト室内管弦楽団を結成、その指揮者に就任してバロック音楽中心の演奏活動を行い、バロック音楽復興の先駆となった。56年(昭和31)同楽団と初来日。さらに66年シュトゥットガルト古典フィルハーモニーを組織、ウィーン古典派の音楽にも積極的に取り組んだ。[岩井宏之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のミュンヒンガーの言及

【シュトゥットガルト室内合奏団】より

…1945年,K.ミュンヒンガーが組織したドイツの合奏団,彼は指揮を担当する。今日のバロック・ブームの先駆をなし,ビバルディの《四季》の演奏は同楽団の名声を高めた。…

※「ミュンヒンガー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ミュンヒンガーの関連キーワードシュツットガルト室内管弦楽団シュツットガルト室内合奏団5月25日

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android