コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムカゴトラノオ Bistorta vivipara(Ploygonum viviparum); bulbiferous knotgrass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムカゴトラノオ
Bistorta vivipara(Ploygonum viviparum); bulbiferous knotgrass

タデ科の多年草北半球寒帯に広く分布し,日本では北海道や本州中部以北の高山の日当りのよい場所に生える。根茎は短い塊状で,10~60cmほどの分枝しない茎を直立する。根出葉は披針形ないし長楕円状披針形全縁で,長い葉柄は鞘状になり茎を抱く。茎葉には短い柄がある。葉は厚く上面は深緑色,下面は白色を帯びる。夏,茎の先端に長さ 10cmほどの細い穂状花序を出し,5枚の萼片のある白色小花を多数つける。花序の下方には珠芽 (むかご) を生じ,落ちるとすぐに新苗となり繁殖するのでこの和名がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムカゴトラノオ
むかごとらのお / 零余子虎尾
[学]Polygonum viviparum L.

タデ科の多年草。根茎は太く、短い。根出葉は長柄があり、披針(ひしん)形で先はとがるか丸みを帯び、表面はやや光沢があり、細脈が著しい。茎葉は茎を抱かない。7~8月、細い穂状花序をつくって淡紅色花を開き、下部にむかご(珠芽)をつくる。高山に生え、中部地方以北の本州、北海道、および北半球の寒地、および高山に分布する。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のムカゴトラノオの言及

【氷河植物群】より

…この植物群は,その代表的植物のチョウノスケソウDryas octopetala L.の名をかりてドリアス植物群Dryas floraと呼ばれることもある。ムカゴトラノオBistorta vivipara S.F.Gray,マルバギシギシOxyria digyna Hill,ヒメカンバBetula nana L.など,今日,北極圏やヨーロッパ・アルプス,ロッキー山脈に見られる植物が,この植物群を指標し,中緯度地方の高山植物群の主要な構成要素をなしている。【河野 昭一】。…

※「ムカゴトラノオ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ムカゴトラノオの関連キーワードむかご(零余子)タデ科

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android